ふく  フク  fuku

  

【(合く)・葺く・拭く】
A: 合う/合わす。結ぶ。収(治)める。覆う。囲む。現す。作る。

『きはさかしまに かしらした かれむねおもて やねとなす ふくはやねねそ』ホ21
『かれまつはらに うふやふく むねあわぬまに かもつきて』ホ26
『ははよりなきさ たけうかや ふきあわせすの なおたまふ』ホ26
『おもえはなんた ふくそてに あふれてみかお うるほせり』ホ35
『むねおかつらに ゆひあわせ かやふきすみて このみはむ』ミ8

全部見る 

 
変態:「はく(佩く・接ぐ)」「ひく(曳く)
派生語:「ふくろ(袋)」「ふける(耽る)」「ふくむ(含む)」「まふく(設く)」「もふく(設く)

 
 

【(吐く)・吹く】
B: 離れる/離す。放つ。払う。退く。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

『かきやふり むらくもおこし ほのほふき つふていかつち』ホ8
『はるなははみち のもやまも かゑてむらくも ほのほふきホ8
『いやたけいかり ほはなふく かみみつはめお まねくとき』ホ8
『つゐてふたつは くちふさき ふくいきむれて ふすむうん』ミ10
『ひとのういねも あにあきて くちふさきふく いきむれて』ミ10

 
変態:「はく(吐く・掃く・剥ぐ)」「ひく(弾く)」「へく(剥ぐ)」「ほく(解ぐ)
派生語:「ふける(「退く」の意)」「ふき(蕗)」「ふきはらふ(吹き払う)」

 
 

【振く・吹く】
C: 回る/回す。行き来する/させる。動く/動かす。響く/響かす。交換する。分配する。めぐらす。恵む。

『むらくもおおひ くらませは しなとおまねき ふきはらふ』ホ8
『ほらかゐふかせ まひれけし かくむさほらせ これおうつ』ホ8
『にふきこは そのあらかせに ふきうたれ いたみしのへは なおからす』ホ17
『ふつくことなる くにかみの いきふくかせお うけうまれ いきすとなれは』ホ17
『あめみをや あておむすひて ふくうつほ きわなくめくり』
ホ18
『かなまろの ななのきたひの いくしまや たるしまかみと ふきなするミ8

全部見る 

 
変態:「ひく(弾く)」「うく(動く・蠢く)」「おく(送く)」「あく(明く)」「ゆく(往く)」「まく(巻く)
派生語:「もふく(儲く)」「ふくし(肺)」「ふく(復)」

 
 

【(奮く・沸く・祝ぐ・膨く)・噴く・更く・深く】
D: 正の方向に離れる/離す。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」

『ほめはうまきに ふけるゆえ まれにうまるも まつしくて』ホ13
『ふつくことなる くにかみの いきふくかせお うけうまれ いきすとなれは』
ホ17
『はなむしろ みおあけみきの たわむれや よふけゑゑれは』ホ38
『きかまろは たるはおふきて ゐかすれは』ミ8
『もちまてに そこにふきたつ はつひかせ これかみかたち』ミ7
『さつきにもろは なるつゆお なめんとゑもき あやめふくミ7

 
変態:「はく(化く)」「ほく(祝ぐ)」「いく(活く)」「うく(浮く)」「やく(焼く)」「ゆく(行く)」「わく(沸く)
派生語:「ふか(深)」「ふけ(更け・老け)」「ぶかぶか」「あふく(煽ぐ・仰ぐ)」「ことふく(寿く)」「いふき(気吹)」「ふける(更ける・深ける・老ける・蒸ける)」「ふくむ(膨む)」「いきふく(息吹く)」「ふかし(深し)」「ふくゐ(福井)」「ふくろ(袋)

 
 

【(退く・呆く)】
E: 負の方向に離れる/離す。「落ちる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・果てる」

変態:「ひく(退く)」「ほく(呆く)」「まく(負く)」「めく(めげる)

  
 

【服】
合わせ。覆い。包み。囲み。着もの。

「ふく(葺く・拭く)」の名詞化。

類語:「みは(衣)」「ころも(衣)

  
 

【福・(奮・噴・更・深)】
D: 正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」さま

「ふく(奮く・噴く)」の名詞化。

  

10/02/07

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】