やく  ヤク  yaku

  

【(和く)・やく・やぐ】<名詞の動詞化>
A: 合う/合わす。添える。為す。する。

『さらりむしさり ゑおはらひ やはりわかやき よみかえる』ホ1
『いつるわかひの かかやきて しらやまひめは うふゆなす』
ホ4

 
変態:「なく(和ぐ)」「はく(接ぐ・佩く)」「まく(巻く)」「あく
派生語:「やから(族)」「やこ(奴)」「〜やか」「世話をやく」「やくら(櫓)

 
 

【(離く・分く・遣く)】
B: 離れる/離す。分れる/分ける。放つ。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

変態:「よく(避く)」「わく(分く・湧く)」「あく(空く)」「なく(投ぐ)」「はく(剥ぐ)」「まく(撒く・曲ぐ)

 
 

【(往く・送く)】
C: 往き来する/させる。回る/回す。還る/還す。回帰する/させる。

変態:「ゆく(往く)」「いく(往く)」「おく(送く)」「あく(明く)」「うく(動く)」「ふく(振く)」「まく(巻く)

  
 

【焼く・(弥く・活く・熟く)】
D: 正の方向に離れる/離す。
「高める・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・勝らす・至らす」

『みくまのの みやまきやくお のそかんと うむほのかみの かくつちに』ホ5
やかれてまさに おわるまに うむつちのかみ はにやすと みつみつはめそ』ホ5
『ほのほおはきて むろやけは たつためまねき これおけす』ホ8
『たとふれは しほのあちあり はからねは あちなしやけと しほならす』ホ12
『あたたねならは ほろひんと ひおつけやけは あつかりて はひいてんとす』ホ24

全部見る 

 
変態:「ゆく(活く・生く)」「わく(沸く)
あく(上ぐ・揚ぐ)」「はく(化く)
派生語:「みやこ(都)」「やかて(軈て)」「やふやく(漸く)」「すみやか(速やか)

 
 

【焼】
正の方向に離すこと。「上げる・敬う・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・至らす」こと

やくしほすかの うつわもの はめはみのあか まぬかるる』ホ15

 
「やく(焼く)」の名詞化。

  

10/02/07

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】