いふき  イフキ  ifuki

  

【(活噴)・息吹・気吹・伊吹】
正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」さま
 ●勢い。気勢。 ●繁栄。 ●成果。功。 ●大。祝。寿。

『いよのふたなの をさまらで つきよみやれは いふきあけ とのみやにたす』ホ6
『これはいふきの なるもみち はけてかつらき いとりやま』ホ16

 ●四国の別名。●讃岐の別名。

『つきよみのつま いよつひめ うむもちたかは いふきぬしホ6
『きみいふきとに しつめしむ いふきとぬしは みゆきこし』ホ8
『やまたあかたお もちたかに たまえはあわの いふきかみ
ホ9
『さきにつみはと たけふつと いふきのみやに ふそよかた してをさめしむ』ホ27
『たなこひめ いふきとみやに うむみこの ゑはいよつひこ とさつひこ うさつひここれ』ホ28

 ●イフキヌシイフキ神 の略。

『ゐよのいふきは あめやまに うつしたおなす』ホ24
『やまとたけ おはよりたまふ むらくもお ひめかやにおき いふきやまホ40

 ●イフキ山 の略。

いふきより かえさにささく ひるめしお みつからかしき』ホ40

 
[1]
いふく(活噴く・気吹く)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。
[2]
いふ(活ふ・勇ふ)」+「き(垣・画・区・城)
「いふ」はここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。

変態:「ゆうき(勇気)」
類語:「いふり(燻り)」「いわひ(斎)」「いきおひ(勢い)」「いさおし(
)」「いよ(伊予)」「あは(阿波)」「そあさ(聳栄)」「とつくに(突国)
関連語:「気を吐く」「気勢を上げる」

  

10/05/30

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】