ふくゐ  フクヰ  fukuwi

  

【(奮肥)・福井】
正の方向に離れるさま。 練り鍛えられたさま。精錬されたさま。

『すへてふくゐの かなまろの ななのきたひの』ミ8
ゐくゐつなかゐ はひきして あすはふくゐの はしらたてミ8

 
「ふくゆ」の名詞化。
「ふくゆ」は「ふく(奮く・噴く)」と同義語「くゆ(肥ゆ・越ゆ)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・高・央・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。

  

10/03/17

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】