きたふ  キタフ  kitafu

  

【鍛ふ】
D: 正の方向に離す。「高める・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・勝らす・至らす」

『わかひこに ゆみつくらせて まなうらに まかこのやしり きたわせて』ホ31
『ふのゐさめ あらかねわけて ねりきたえ かまもつるきも かそえやわらく』フふゐさ

 
きつ(屹つ)」と同義語「たふ(立ふ・達ふ)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離す」で、「高める・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・勝らす・至らす」などの意。

類語:「かたす(鍛す)
派生語:「きたひ(鍛い)

 
 

【(傾ふ・方ふ)】
B: 離れる/離す。そる/そらす。曲る/曲げる。傾く/傾ける。

『たといきねまに さはなすも へらよりきたふ かたたかひ』ミ8

 
きつ(離つ)」と同義語「たふ(撓ふ)」の合成。
ここでは「B: 離れる・反る・偏る・曲がる」などの意。

変態:「かたふ((傾ふ・方ふ)かたむ(佞む)」「かたる(騙る)」
類語:「かしく(傾ぐ)」「かたく(傾ぐ)」「かたむく(傾く)
くしく(挫く)

  

10/03/17

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】