ム  mu

  

【六】群す。合わす。

『おのつとこゑも あきらかに ゐくらむわたを ねこゑわけ』ホ1
『つきけの ひとはふそよろ』ホ1
むはたれよもに わきみちて たみくるしむる そのときに』ホ12
『こころはの むはしそそきて みおしらけ ひをねにかえる かんかたち』ホ15
ねのむくら わたるみやひか ものおしる なさけなかこに かよえると』ホ17

全部見る 

【下・末・隅】負の方向に離れるさま。 =も(下)め(陰)み(惨)

のをして のきよりむねに ておあわす つきねとなす』ホ21

【む (推量・意志)】「」の変化。ク語法で名詞化する場合に「ん」は「ま」に転じる。

『ここりひめ やからにつくる いさなきは おひゆきみまくホ5
『たかまはたみの ゑみすたゐ いとかけまくそ みことのり』ホ10
『たけひてる むかしささけし かんたから いつもにあるお みまくほし』
ホ34

 

10/07/03

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】