ねのむくら  ネノムクラ  nenomukura

  

【根の六臓】
人体の根本である6臓器。肉体の要の6臓器。
ここに天元神が付ける元守が宿り、ミヤビを介して中子と連絡、両者 (六臓と中子) は不可分一体となっている。
 ●具体的には、こころは(心臓)ゆふ(肝臓)むらと(腎臓)ふくし(肺)よくら(膵臓)よこし(脾臓)

ねのむくら わたるみやひか ものおしる なさけなかこに かよえると』ホ17

 
ね(根)」 の 「むくら(六臓)

類語:「きも(肝)」「こころはのむはし(心派の六端)しゐのね(魄の根)」「むむね(六宗)もとつかみたえもり(元つ神の束守)」「もともり(元守)」「もりのかみ(守の神)」「もり(守)あもとのさをしか(天元の差使)」「くにうむかみのをし(地生む神の御使)」「さし(差使)

 

14/10/21

   

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】