あな  アナ  ana

  

【(上・熟・老)】【(甚)】
正の方向に離れるさま。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」さま

『つたえきく ひしりのきみに まつらふと あなとにいたる』ホ34
『このときに しとりへたてへ おほあなし ゆみやはつかし たまへかみ』
ホ37

 ●甚だしいさま。尋常でないさま。 ●それを表す感嘆の声。ああ。おお。わお。なんと。うわ。

『めはあなにえや ゑをとこと をはわなうれし ゑおとめと』ホ3
『なくみこの こゑききとれは あなうれし』ホ4
『ふたかみおはお たたゑます きくきりひめも あなかしこかな』ホ4
『あはれ あなおもしろ あなたのし あなさやけ おけ さやけ』ホ7
あなありかたや あなにゑや あなうれしやと をかみさる』ホ17

全部見る 

 
あぬ(上ぬ・熟ぬ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「あに(兄)」「あね(姉)」「はな(甚)」「わな」「あら」「ああ(嗚呼)」
類語:「いさ」「いと

 
 

【穴・孔】【(鄙・端)】
B: 放ち空けたさま。払い除けたさま。えぐれ。空。空虚。空洞。管。

『みすまるの あなたまはやみ たにふたわ たらすあちすき たかひこねそや』ホ10
『ついにほる ゐつをはしりの ほらあなに みつからいりて はこねかみ』ホ24
『やもかみお めしてわれよお いなまんと さるたにあなお ほらしむる』ホ28
『なんちかまつり いさめすて おもねりきみお あなにする こころきたなし』ホ32
『めをませて しむみちかけて あなにすみ けししおはみて けころもき』ホ39

全部見る 

E: 負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」さま
  ●下。末。隅。端。裾。麓。

ふちおかあなの おしほゐに うふやのみみに あれませる おしほみのみこ』ホ6
『かくつちたつお はにやすに よろこうませと たつならす あなにうれふる』ホ21
『きみゆるされは あめひほこ うちかわのほり あわうみの あなむらにすむ』ホ35

 
あぬ(放ぬ/劣ぬ)」の名詞化。
ここでは「B: 離す・放つ・払う・空ける」、また「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

変態:「ほら(洞)」「ほり(堀)」「うろ(空・虚・洞)」「むろ(室)」「ひな(鄙)」「はな(端)
類語:「あき(空)」「から(空)」「すき(空き・隙)
派生語:「あなたま(穴珠)

  

10/03/08

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】