あらかねのは  アラカネノハ  arakanenoha

  

【粗金の埴】
1.(陽陰の生成過程で)下って凝った埴。
2.粗金を含む埴。鉱。鉱石。

あらかねのはお うつろゐの うをまさかみの まさかりや』ミ8
あらかねのはお とくねれは かみのめくみに かなふなる』ミ8

 
あらかね(粗朽・粗金)」 の 「は(埴・土)

類語:「あらかねのつち(粗金の地)

やまうつほの とほりなる あらかねのあわ すすなまり』ホ15

  

10/03/17

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】