あすは  アスハ  asuha

  

【(栄地)・阿須波】
土地を栄して高めること。土地を優れさせること。
(「はひき」 で土地の穢を祓った後、「あすは」で清め優る)

『このはかまろは はひきなす なまろくろまろ あすはなす』ミ8
ゐくゐつなかゐ はひきして あすはふくゐの はしらたてミ8

 
あす(上す・熟す・栄す)」+「は(地・土・埴)
「あす」はここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離す」で、「高める・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・勝らす・至らす」などの意。

  

10/03/17

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】