ひきのり  ヒキノリ  hikinori

  

【引法】
はひき(地引) を行う作法。土地を清める方法。

『はさらのたみよ まさにしれ まつひきのりは はおならし』ミ8

 
ひき(引き・平き)」+「のり(法)
「ひき」はここでは「合わせ・治め・調え・直し・清め」などの意。

【引く・曳く・牽く】ひく −広辞苑より−
・平らにならす。
日葡「ヂ(地)ヲヒク」
【地引・地曳】ぢびき  −広辞苑より−
家屋などの建築で、地鎮祭の後に施行する儀式。吉日を選び、建築敷地の中央に祭壇を設け、工匠の長が祭主となって祝詞を奏する。地曳祭。

関連語:「はひき(地引)

  

10/07/18

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】