ワ  wa

  

【合・和・生・重】合い/合わせ。現れ。生え。結い。重ね。

『なんちかはかり わかこころ よしとはにわの たてものお のちのためしと』ホ37

【我・吾】われ。合う者。(話し手と)同じ者。自分。 =あ(吾)おの(己)

『ひさかたの あめかしたしる わかきみの よよにつたはる かんむりは』ホ序
『きしいこそ つまおみきわに ことのねの とこにわきみお まつそこいしき』ホ1
『おきつとり かもつくしまに かいねし いもはわすらし よのことことも』ホ26
『たきしみこ すすみこたえて にやおとめ たたにあはんと かさめるとめ』ホ31
わきみわきみと なかれさる いくさおさめて みなかえる』ホ34
『むかしかすむ さこくしろ しきなみよする いせのみや』ホ36
『たかけれはこそ かつくる かみのほこらも かけはしの ままとうたえは』ホ37
『たしまもり とこよにゆけよ かおもふ くにとこたちの みよのはな』ホ37
『きみまちかたに かきける おすひのすそに つきたたなんよ』ホ40
『あいちたの おとめかとこに かおきし いせのつるきの たちわかるやわ』ホ40
『あまねくに おしゆるみなも わかひるめ にふのゐさおし ををいなるかな』ミ10

【端・縁・辺・葉・方・場・部・地】(1) 沿い。端。(2) 派生。はした。はんぱ。(3)部分。区分。区画。

『いせいいの たかひおかわに すすととむ たかみやつくり しつめます』ホ36

【輪・環・還・回・重】回転。循環。往き来。繰返し。円形。=

『みすまるの あなたまはやみ たにふた たらすあちすき たかひこねそや』ホ10
『せみのおかわに みそきして ちのにたたす みなつきや』ホ10
『つきにみその めくりまし ややむそよかに めくりみつ』
ホ14
みよわのなおき いさおしに なおりものぬし かみたまふ』ホ30
『いさかわに みそきのわぬけ みやにいつ みうえのとみは かみまつる』ホ31
『みちはわち はやくおそきも こころあり たつねきたらは』ミ1
『なかのくたより はこふいき くるまのうてき ここのわの ひひきてめくる』ミ6
のなかに みひかりのあし なかにみつ これかみかたち』ミ7
『ゑとにはんへる みそのかみ ひひにかわりて むそかもる むわのなめことミ7

【環・還・輪】同上。 回帰・帰還・回復。回帰する所。ホーム。原点。源。=もと(元・基)・もとり(戻り)

『ももなそよろの としおへて もとのひのわに かえまして』ホ序
『をはあめとなり ひのわなる めはくにとなり つきとなる』ホ2
『をかみもゑみて もろともに おかむひのわの とひくたり』ホ4
『せみのおかわに みそきして ちのにたたす みなつきや』ホ10
なかのわもかな うつろゐか あわうみさらえ みおのわと ひとにないきて』ホ24

【地・埴・土・陰・月・夜・世・穢】負の方向に離れるさま。 =  ⇔ あ(天・陽)

『みふゆかみおき はつひもち あわのうやまひ』ホ1
『ひさかたの ひかりあれます ういなめゑ あゆきわすきに つけまつり』
ホ4
『ゐすことは ゐくらにひひく ねおわけて わのあはうたお をしゆれは』ホ9
『うけもちの かみかうけなお あにこゑは ひようるたねお にくたす』ホ15
『かのみたま こわによろこひ うはのてお とあにわけて あいうえお』ホ18
『おのころの よつはにあひ くにをさむ』ホ18
『あわうたの あはあめとちち はははそ やはわかみなり』ホ23
『このあわや のとよりひひく はにのこえ くにおしらする たねなれは』ホ23
『なかのわもかな うつろゐか あわうみさらえ みおのわと ひとにないきて』ホ24
『なかすゐしかわ せきいれて あれわおいけて なるかみお わけてしつむる』ホ24
『しまあいに かつうおなれは このうおお あらたにいれて おこやす』ホ24
『あにひつきてる ひとくさも かにはひやすそ わのきみも かにたみかるそ』ホ26
『たかのふるみや つくりかえ みやこうつせは あにつきて わのふたかみそ』ホ27
『あめとこたちと わのそひも あしかひひこち とこたちの みよはみほかみ』ミ序
『ふたかみの あのあわうたに くにおうみ わのあわうたに ねこえなる』ミ1
『このゐつつ ましわりなれる かんひとは あうわあらわる みなかぬし』ミ6
『うましあしかい ひこちかみ かれあめみこと わのみことミ6
『ひとをふせても あめわゆき とのかみおして うゐなめゑ』ミ9
『みたもひおうむ あねとなり つきうむつちお むすふくさ うあのおうむ』ミ10
『たまのをも あわとわかれて そとはあに なかはとなる おしてより』ミ10
『あそのよの なるかんをかも すみめかも わけやかえらん たのしきなり』フあその

【曲・穢・劣・悪・厭】同上。 曲り。汚穢。

『うたのかつもて わにこたふ これしきしまの わかのみちかな』ホ1

【栄・早・速・覇】正の方向に離れるさま。勢いが良いさま。 =

『のちひわひこに みことのり なんちくにゑお うつすへし』ミ5

  

11/03/06

  

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】