くに  クニ  kuni

  

【(陰)・地・国】
負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・沈む・隅にある・果てる」さま

1.陽に対して「陰」。日に対して「月」。

『あめゆつるひは あのさきり くにゆつるつき はのさきり』ミ6
『おとめにと ななねにあたる くにいつね とめはみつねの あいぬなり』ミ10
『しゐたらさやわ めはくにの つきとみやひお あみやわせ ゐみちあらはす』ミ10

2.「天」に対して「地」。人の住む物質世界。世。地球。大地。土地。風土。

『いまににきねの さきみたま くにとこたちの わさみたま あらはるいつと』ホ序
『をはあめとなり ひのわなる めはくにとなり つきとなる』ホ2
『そさのをに なんちきたなく くにのそむ みちなすうたに』ホ7
『つふていかつち くにゆすり たみおゆすりて せめよする』ホ8
うつしくに やめるおいやし とりけもの ほおむしはらひ ふゆおなす』ホ9
『きみはあまてる つきひなり くにかみはその くにのてり たみもつきひそ』ホ13
『あまのはら つきならふれは くにみたる』ホ13
『をはきよく かろくめくりて あまとなり めはなかにこり くにとなる』ホ14
『あめのかたちは いわをやま ひつきもくにも はらこもり とはやゑにきて』ホ14
『わかこころ まねけとほかみ ゑひための くにはみちのふ うつはものホ14
『をまつのほりて あめとなり めはのちくたり くにとろの』ホ16
『ゐわたむくらも くにのみち なかこはきみそ きもはとみ』ホ17
『いとまあらせて くにめくり よのあしはらも みつほなる かみのみうたに』ホ17
『うぬあましりて うはむすひ うひおくにたまホ18
『にゐみやの しきますくにお いかすりて ひとふるなせよ』ホ22
『もしもくにゆり なるかみの さわるさわりの あらんとき』ホ22
『たとへなるかみ くにゆるも いつわさなして しつむへし』ホ22
『たけみかつちに みことのり くにさやけれは なんちゆけ』ホ29
『かみにこたえは ゆかすとも くにむけつるき くたさんと かみもうめなり』ホ29
くにみかおかに いくさたて つくるみうたに かんかせの』ホ29
『みやこうつさん くにみよと みことおうけて めくりみる』ホ29
『いのりてくにの ものさねと これにことあり はやはかれ』ホ34
『わかくにきねに みはえあり かみなかしもの くにひろく』ホ34
くにぬしの かみのおしえは ををんかみ つきおおほして』ホ36
『すへてゑみしの くにこゑて まつろはされは とるもよし』ホ38
『さきにたしまか のこしふみ くにそまされは かくのきお ゑんとおもえは』ホ39
『ことことく まつろふときそ うたはくに ちからはあたひ たまわりし』ホ39
『いわくいかんそ くにのそむ あめのりなせは くにのかみ』ホ40
くにみこと よたひかわりて とこたちの みよはかわらす もはかりよ』ミ4
『かたちけた あのまてのいの なかにたつ くにたしなるる かみかたち』ミ7
『かたちはくにの なかはしら まてにととなふ ともとかみ』ミ9
くにうとの あまてるかみと よろこひの まゆもひらくる ゐひならし』ミ逸
『ふたかみも くにつちよろの みちうみて きみたるかみお うまんとて』フ序
『いのちりの あらそうみつの くにのこと きみかひらへに ひきやちるらん』フいちり
『ふのよろは くにうむかみの をしおして わさもよろこふ もうけなりけり』フふよろ

 ●(中央に対して) 地方。 地元。ホームランド。故郷。自国。母国。

『あひみやお くにかけとなす』ホ1 
はこくにのかみ ひたかみの たかまにまつる みなかぬし』ホ2
『あわうたに をさむはらみの みやにゐて すてにやしまの くにうみて』ホ3
『そさくににうむ そさのをは つねにおたけひ なきいさち くにたみくしく』ホ3
『むかしこの くにとこたちの やくたりこ きくさおつとの ほつまくにホ4 
『もろともに くにくにめくり たみおたし』ホ4
『ひのはやひこに みことのり なんちくにゑお うつすへし』ホ6
『ちものものまも そのくにの しむにあつけて もろかえりけり』ホ8
『いさおしならは くにつかみ これそさのをの みことなり』ホ8
『さきのつつかの むはたれも はるなかものま ゐちたりと くにあつけよち』ホ8
『ふとまにの しちりはやもり はけしくて つねすみのくに みせしむる』ホ10
『しかれとほひは くにかみに へつらいこひて まとせまて かえことあらて』ホ10
『よろくにつとも うむうまぬ あれはめをとも くにつとそ』ホ13
『ゐもせのみちお まもりつつ もろくにめくり よおをふる』ホ13
くにもりたみの さとしにも つくまなさせる いせのみち』ホ13
『やもよろくにに よろこうみ みなくはりおく ひとのはつ』ホ14
あまてるくには わかみたま ありとしるへし』ホ14
くににむかえは つきおけの くちよりよねの いゐかしく』ホ15
『うゆるそのあき やつかほの なれはくにとみ こころよく』ホ15
『ならはしの ことはもくにお へたつれは かはれとよその おさなこも』ホ17
『そのくにたもつ ものあらは すえたみとても うえのとみ』ホ17
『ををきみゑみて たけすみに とよたまたせと かわあいの くにたまわりて』ホ26
『まさかきお はこくにみやに とこたちの うゑてくになも ひたかみの』ホ28
『あまてるかみは こゑくにの いさわをうちの みやにいて』ホ28
とつくには つきよみをさむ しらやまは ねにつきすみは すみよろし』ホ28
『たみおめて そやよろをさめ もとくにの ひつきおうけて』ホ28
『これことわりと くにめくる ものぬしふれて もののへら』ホ28
くにくにめくり まさかきの ふたゑみゑとゑ かつてなく』ホ28
『おちこちも うるはふくにの きみありて あれもみたれす あめのみち』ホ29
くにすへゑ ささくれはきみ たかくらお きのくにつこの おおむらし』ホ31
『なつうちめ やまとくにかか みつこうむ なはみなやまと』ホ32
『みことさたまる くにつかさ たみにふれんと もろかえる』ホ32
『おおたたねこに まつらさは ひとしくなれて とつくにも まさにまつらふ』ホ33
『ややをゑされと とおつくに あらひとのりお またむけす』ホ33
『しほのりひこか のほりたて くににおくれは みちひらく』ホ35
『おとちこに くにおゆつりて やつかれは ひしりのきみに まつろいぬ』ホ35
『たけのひめ ひとりかえせは はつかしく こしよりまかる おちくにそ』ホ36
『もろくにに やものいけみそ つくらしむ なりわひふえて たみとめる』ホ37
『あまりなそゐこ くにあかた わけおさむその すえおおし』ホ38
『つまむかひ かみしもめくむ かみとなる くにのなもこれ』ホ38
『ゆうひかけ あそやまおおふ かみのみけ くにもみけとそ なつけます』ホ38
『かしはてか うくはわすれり くにことは みさらおうくは ゐはもこれ』ホ38
『かくのやかたに みちおきく もとひこいわく くにしるの みちはいにしえ』ホ38
『なこそより きたはみちのく くにのかみ もかたのはつほ ささけしむ』ホ39
『おひわけに きひたけひこは こしちゆく くにさかしらお みせしむる』ホ39
『こうすかむけし くにめくり なさんといせに みゆきなり』ホ40
『みかさはに よるももとみの しめくにの まつりたたして』ミ4
『きみはみやこお くにのさに うつすはやたみ ううくため』ミ5
『ををなむち すくなひこなも ともともに くにくにめくる』ミ逸

 ●行政区画としての国。 1国=80

『ををんたからの ゐもやすく やすくにみやと たたゑます』ホ序
『よろこひかえす きしゐくに あひのまゑみや たまつみや つくれはやすむ』
ホ1
『かれたるいねの わかかえる わかのうたより わかのくにホ1
こしくにの ひなるのたけの かんみやに きのみおもちて あれませは』ホ2
そさくににうむ そさのをは つねにおたけひ なきいさち くにたみくしく』ホ3
『おはひめか こゑねのくにに みはおりて たてまつるとき』ホ4
『たみのことはの ととのゑは なかくにのなも あわくにや』ホ5
『みこあれませは もちきねと なつけていたる そあさくにホ5
『そさにきたりて みやつくり しつかにゐます きしゐくにホ5
ちたるくに ますひとこくみ おこたれは たまきねつけて』ホ6
『たまきねは ゆきてさほこの くにおたす みやつのみやそ』ホ6
『きみのみかりに ちたるくに みちおさためて をさむのち』ホ6
ひるこひめ みこおしひとお ひたします ねとさほこくに かねをさむ』ホ6
『ををんかみ もろとはかりて やそきねお ねのくにかみと』ホ7
『おととのくるは さはあらし くにうはふらん』ホ7
『かそいろの よさしのくにお すておけは あゑうかかふ』ホ7
『ふしにあたれは ねのくにと さほこのくにの ますひとが』ホ8
『ゆるせはかかゑ くにおたす まいないつかみ まめならす』ホ8
『またはたれ いよのやまより きしゐくに わたりせむるお』ホ8
『ときにあまてる みことのり うけもちのまこ かたまろに くにみてかえれ』ホ8
『みやのなも くしいなたなり さほこくに かえていつもの くにはこれ』ホ9
『したてると なしてわかくに たまつしま としのりかみと たたゑます』ホ9
『たかてるひめお めとりつつ あしはらくにお のらんとて』ホ10
『ちひきいわ ささけてたれか わかくにお しのひしのひに おとさんや』ホ10
うつしくにたま おほなむち つかるうもとの かみとなる』ホ10
『このみちお まなふところは かんかせの いせのくになり』ホ13
『みゆるしうけて おかむのち ふたきみかえる もとつくにホ16
『あまねくふれて ほつまくに をさまるのちに』ホ16
『たかまはよろの くにかたち これおのころと にこゑみて』ホ18
『くこわにやもお なにかたと うむくにすへて おのころそ』ホ18
『おほそらお かけりめくりて このさとの なおもそらみつ やまとくにホ20
『おおものぬしか をやのくに いつもやゑかき のりをさむ』ホ21
『たとなしたみも にきはえは ゐやまととふる やまとくにホ23
『やそへのくにに つうちおき もののへたてお をしゑしむ』ホ23
『このくにつこに よこへそり そえてあまねく みちわきて』ホ23
『けたのかは つえうちあかた おひやらひ ふたけたならは くにおさる』ホ23
こゑのねのくに あちはせか みねこしささく これにめし』ホ24
『みまこよろこひ くにはこし やまはみねこし そのかえに』ホ24
『まめなせと くにさかいまて おくりてそ なこりあるなり』ホ24
くにのなも しはかみほつま あまねくに うつりたのしむ よよゆたか』ホ24
『ゑとしかときけ くにたみお わかものにせな きみはその たみのきみなり』ホ24
『ひろさわお おおたにほらせ くにとなす あまねくとふる ほつまふり』ホ24
『あまのこやねも かすかくに とふひのおかに やまとかわ』ホ24
『をんかみおよひ ちちひめお おかみてあわの みつほくに みやうつしなる』ホ25
『ととせになりて みねこもる たみつもたえす くにゆたか』ホ25
『としとしに みのりもふえて くにゆたか ことしうえつけ てれとよし』ホ25
『たのしにきはふ とよのくに みそふのあかた みなはやる』ホ25
『とよにきはひて むよろとし へてもあそくに またこえす』ホ25
『かけろふのひの こえくにの たけいわたつは くつおあけ』ホ25
『あさはあさまの ひにむかふ ひむかふくにと ほつまくに』ホ26
『くしみかたまと わかつまの さしくにわかめ もろともに』ホ27
『よめちゆくねの をにおさむ ゑなかたけなる しなのくにホ28
『まさかきお はこくにみやに とこたちの うゑてくになも ひたかみの』ホ28
『こころひとつに くにのなも しわかみほつま あらはるる』ホ28
『あきのくに ちのみやにこす やよひには きひたかしまに』ホ29
『わかくにお うはわんやわと くさえさか たたかひあわす』ホ29
『あにほかに かみのみまこと いつはりて くにうははんや これいかん』ホ29
こしねのくにも さほこみな たみおをさめて しつかなり』ホ30
『そのこたえ わかくにさむく つねのめは おのつとすけり』ホ31
『ゑつはうつゆふ まさきくに かたちあきつの となめせる これあきつしま』ホ31
『さつきそゐかに きさきうむ いむなおしきね あめたらし ひこくにのみこ』ホ31
『ゐほせみな うちうつしこめ うむみこは やまとあえくに おおひこそ』ホ32
『くえはやか かなゆみおよひ たえまくに のみにたまわり』ホ35
わにくにふくお うちかわり ものへとちねお みうえから』ホ36
きのくにに かみまつらんと うらなえは ゆくはよからす みゆきやめ』ホ38
『そふほはつはる みののくに かんほねかめの ゑととおこ くにのいろあり』ホ38
『はしきよし わきへのかたゆ くもいたち くもはやまとの くにのまほ』ホ38
『たくひおとえは ぬしおゑす ひとのひならす しらぬひの くにとなつくる』ホ38
『こうすみこ しはすにゆきて くまそらか くにのさかしら うかかえは』ホ38
『われはこれ くにのつわもの もろひとも われにはすきす したかえり』ホ38
『むかしいつもの くにひらく むらくもつるき これなるそ』ホ39
『そのときくにお たまわりて そよのはつこの われまては よそのたうけす』ホ39
『それのきみ あすかおうちて くにおとる かみにたかえり かれなれす』ホ39
みさしくに さかむのくにと もとひこに なつけたまわる くにつかみ』ホ39
『きさらきやかに くにめくり まつらふしるし かくかこお』ホ39
『つかさのかみは くにをさむ なかにはしめる しもはたす』ミ1
『おとみこのすむ としたくに これいまはらの みやのなも としたといいて』ミ6
『ひおへてくにに いたります みこのよそゐの ひたかみや』ミ逸

 ●国家。連邦。地の連合。中央集権を敷く連合。またその政治。

『みこおしほみは ひたかみの たかのこうにて くにをさむ』ホ序
『をはきみの くにをさむれは きつをさね よもとなかなり』ホ1
『ひあふきの いたもてつくる あふきして くにもりをさむ をしゑくさ』ホ1
『かみそのなかに あれまして くにとこたちの とこよくにホ2
『やもやくたりの みこうみて みなそのくにお をさめしむ』ホ2
『これくにきみの はしめなり』ホ2 
くにさつち さきりのみちお うけされは さつちにをさむ やみこかみ』ホ2 
『そのみなお うほひるきとそ たたえます くにうるはしく てりとほる』ホ3 
『たかみむすひと くにすへて とこよのはなお はらみやま かくやまとなす』ホ4
『こおととのふる とこみきは くにうむみちの をしゑそと』ホ4
『ふたかみの おきつほにゐて くにうめと たみのことはの ふつくもり』ホ5
『うむそさのをは たまみたれ くにのくまなす あやまちそ』ホ7
『みやにのほれは うちつみや きみはめくみお くににのふ みやはおなかそ』ホ13
『にかなのみけに なからえて たみゆたかにと くにをさむ』ホ15
『とこたちの やもおめくりて にしのくに くろそのつみて かにあたる』ホ15
『なりてとほかみ ゑひための くににうむこは みくたりの きみとみたみそ』ホ18
『ふたかみの うきはしにたち このしたに くになからんと』
ホ18
『かくそみこころ つくしもて たみもゐやすく なすくにお おのころしまと』ホ18
『おのころの よつはわにあひ くにをさむ』ホ18
『よろものうめる ふたかみも のりめくりてそ くにをさむ』ホ191
『うつたふときに いましめて くにおたさねは たみこころ』ホ21
『たとなしたみも にきはえは ゐやまととふる やまとくにホ23
『またほこも たからのゆえは とのみちに くにをさむれと』ホ23
くにみたるれは たもあれて みつほのほらす まつしきお』ホ23
『かさりより おこりになりて ときはかる はてははたれの くにみたれ』ホ23
『むかしふたかみ くにしらす ものいふみちの あわうたの』ホ23
『このあわや のとよりひひく はにのこえ くにおしらする たねなれは』ホ23
『うむみこお ころひつくにの きみとなす くろそのつめる きみのはは』ホ24
『ふたかみの くになかはしら おきのつほ』ホ24
『このみちに くにをさむれは ももつかさ そのみちしとふ このことく』ホ27
『しらやのをして たけひとに くにおしらする もものふみ たねこにゆつる』ホ27
『みかさやしろの たまかえし くにをさまれは かれもなし』ホ28
『そのかんかせの いせのくに とほりたつとむ かんかせお』ホ28
『はたれきみ なはかりこちお むれあつめ くにおみたれは』ホ28
『わかきみくにお さたむなら みちもひらけん かならすと』ホ29
『ことしろか たまくしとうむ ひめたたら ゐそすすひめは くにのいろホ29
『ゑつはうつゆふ まさきくに かたちあきつの となめせる これあきつしま』ホ31
くにまつり みけなへもふす をもちきみ ともにたすけよ』ホ31
『たけいいかつと いつもしこ なるけくにをみ おおねとみ なるいわひぬし』ホ31
『そひうつき そむかよみちの えひすむけ きみにつくれは くにやすく』ホ34
『なおりてやすく このみよお はつくにしらす みまきのよ』ホ34
『そのこたえ われはからくに きみのみこ つのかあらしと』ホ34
『ゐつつひこ とみにいわくは このくにの きみはわれなり ここにおれ』ホ34
『かそみねにしき くにつとに かえるあらしと みまなくに これたちそめそ』ホ34
『しらきのくにと あたおこり みまなのつかひ つけいわく』ホ34
『わかくにきねに みはえあり かみなかしもの くにひろく』ホ34
『かえりもふての ほつみおも みつからまつり たまふゆえ くにゆたかなり』ホ37
『つかえるなんち おとろえり いまきてくにお うはわんや』ホ39
『こたえいふ これなんのこと なんのいゐ それわかくには』ホ39
『おおみをや たかみむすひの このくにお ひらきてななよ これおつく』ホ39
『ふたかみの あのあわうたに くにおうみ わのあわうたに ねこえなる』ミ1
『ひつきのみちお ゆつりはに あかたのかみの いろくにと なつけ』ミ6
『みをかみひとめ そのほかに いかてかくにお うむやらん』ミ10
『をてれせゑつる たたことの うたにみちひき うむくにの またくとほれは』ミ10
『しらするくにの まつりこと みこわかひとに さつけます』フ序
『へのえては みつにあふるる くにまつり ねこにめくみの かえてかまるる』フへえて

3.凝り固まったもの。埴。内臓器。 =五色埴五腑(五臓)

『たまきねの をしゑのおひは みみのはに しなわきまえて くにをさむ』ホ16

 
くぬ(朽ぬ)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・低・端・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・沈む・隅にある・果てる」などの意。陽陰の精製過程で重く沈んで凝った「陰・地」を表す。すなわち「天・陽」に対して「地・陰」、また「都 (中央)」に対して「国 (地方)」を表す。

変態:「くぬ(地)」「くん(地)」「こぬ(地)」「この(地)
類語:「はに(埴)」「つち(土)」「 (陰・地)」「こ(地)」「そこ(底)
すな(砂)
派生語:「くにとことち(国常立)」「くにきみ(地君)」「くにさつち(国狭槌)」「くにたみ(国民)」「くにゑ(地絵)」「くにかけ(国懸)」「くにつかみ(地つ守)」「くにかみ(国守)

  

10/06/18

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】