ヨドヒメ

→ 語義
  

淀姫。與止日女。
海幸彦から借りた鉤を見つけた功により、アカ女ホオデミから賜った名。
  

佐賀県佐賀郡大和町大字川上、與止日女 (ヨドヒメ) 神社
  

★『肥前国風土記』郡の西に川があって、佐嘉川という。川上に石神があり、名を世田姫(よたひめ) という。海の神 (えらの張った魚) がいつも流れに逆らって上ってきて、石神のところに来るときに、海の小魚もしたがって来る。人はこの魚を畏めば災いなく、食べれば死ぬことあり。
■風土記の話から、『アカ女』を祭ると思われるが、肥前国にあると言うのが不思議だ。
  

『"は魚君 厳の物 印は鱗 三つに山 移して換す 三つ山の 鯛はこれなり クチは忌む" アカ女を褒めて 淀姫と』25文
『気 合て練る が塩も 目一守も ヘソ姫 ヨド姫も 笑や得るらん』フ023

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】