みそくい  ミソクイ  misokui

  

【溝咋・溝杭耳】 <人名> 
溝(堰や池)を構築する者。 =みしま・みのしまみしまみそくい

『ものぬしは ともなすゆえに みそくいお そえものぬしと はらのもり』ホ25
『ほつまちは かしまおしくも ひたかひこ みしまみそくいホ27
みそくいか いくたまはすけ いくよりは うちめとなれと』ホ27
『ついにちなみて みそくいの たまくしひめも はらむゆえ』ホ27

 
みそ(溝)」+「くい(構い)
「みそ」は「へこみ・空き・窪み」の意で、ここでは「堰」や「池」などを指す。
「くい」は「くふ(組ふ・構ふ)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・結ぶ・組む・作る」などの意。

類例:「やまくひ(山咋)

  

09/11/05

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】