ひきめ  ヒキメ  hikime

  

【引き女】
(粗籠網を)張ることを提言した海女。

『ときにはて もろあまめして これおとふ ひきめはひかん あらこあみ』ホ25

 
「ひき(引き)」+「め(女)
「ひき」は「ひく(引く)」の名詞化。
ここでは「延べ広げる・張る」などの意。

 
 

【(放穢)・蟇目・引目】
穢を祓うこと/もの。

『ほそのをきるも はらののり ものぬしならす くわのゆみ ははやひきめそ』ホ26
『しのゆんは あらやうふやの おそわれも ひきめかふらの しゆんなすなり』フしゆん

 
ひき(放く)」+「め(陰・穢)
「ひく」はここでは「B: 離す・放つ・払う」などの意。

類語:「ひかわ(放汚)」「おほま(追曲)
関連語:「ゆみならし(弓鳴)」「めいげん(鳴弦)」

  

09/11/10

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】