ツクシヲキミ

→ 語義

  

筑紫央君。筑紫皇君。     ヲキミ
筑紫を統べる君。(筑紫の統治に中央から派遣される)
ニニキネ
は、筑紫が治まらないと言う陳情に応えて、御子のヒコホオテミを『ツクシ央君』に任命。派遣しようとするが、原因が食料不足にあるとわかり、結局ニニキネ自らが新田開拓、土地改良のために筑紫に赴く。しかしホオテミの『ツクシ央君』の称号は取り消されておらず、ツクシの国守らはそれを尊重した。

ツクシヲシカ
  

『時にツクシの 治まらで 御子御下りを 乞ふ故に  聞こし召し シノ宮を ツクシ央君と 御言宣』25文
『先に乞ふ時 の名も ツクシの央君 これここの 和つ尊なり お任せに』25文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】