シホツチ・シホツツ・シホツツヲ

→ しほつち・しほつつ
  

鹽土。鹽筒。(下治)。
兄の釣り針をなくして途方に暮れる山幸彦 (ヒコホホデミ) を、船に乗せてツクシのハデツミの元へ案内する。
ツクシにいるタケヒトに、ニギハヤヒナガスネヒコを討つように勧めている。
筑紫と深い関わりを持つ人物であることは間違いない。
  

鹿児島県熊毛郡上屋久町宮之浦、益救 (ヤク) 神社
宮崎県宮崎市青島、青島 (アオシマ) 神社
鳥取県八頭郡船岡町塩上、鹽野上 (シホノカミ) 神社
  

■「シホツチ・シホツツ」は「シホカマ・シホカミ」と混同されているが、別人と推定する。
■シホツチはアカツチ (ナカツツヲ) と対を成す名に思われる。「シホ」は「シモ (下) 」の変態であり、ソコツツヲ (底筒男) の子孫なのかも知れない。

  

シマツヒコオキツヒコシガ───?─?─?─カナサキ─┬ハヤアキツ姫───アマツヒコネ
                  :                 ├ミヤツヒコ
                  :… … …アカツチ ├(アヅミ族との婚姻)──ホタカミ
                  :… … …シホツチ │        └──シガ
                  :… … …アヅミ  └(ムナカタ族との婚姻)─ハテツミ
                  └… … …ムナカタ─┬オサコ
                              └アヤコ──────クマノクスヒ
  

『浜に頂垂れ 憂ふ時 雁 罠に陥つ これを解く シホツツの老翁 故を問ふ ままに答ふる』25文
シホツツが 目無し交網 張るべらや 満干の珠は ハテの神風』25文
『御言に任せ 骸を イササワケ宮 "契の神" 故はに を得て めぐり開ける 鉤を得たり 角出の契ぞ 膳出は』27文
シホツチの 翁 勧めて "ニギハヤか 如何ぞ 行きて 平けざらん" 諸御子も "実に いやちこ" と』
29文
シホツ翁が "これ行きて 平けざらんや"と 勧む故 大和正せば』39文
陽陰御子の 日向に坐す ヤマト方の 流行り歌にも "乗り下せ ホツマ方平む 天下斎船"』39文
シホツツヲ 勧めて大和 打たしむる これ折返に "天日西" あり 故 打ち取るを 好しとなす』39文
『親を得ては が網に 契の神 兄 シラヒゲも 鉤 得て 和 成り』フ119

   

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】