ほたかみ  ホタカミ  hotakami

  

【穂高見命】<人名>
臍の緒を切る者。

『すみよしの まこほたかみや しかのかみ つくしにこえは』ホ25
『ときにほたかみ もふさくは さきにこふとき きみのなも』ホ25
ほたかみは ほそのをきるも はらののり ものぬしならす くわのゆみ』ホ26
『ゆえはちくらに かもわれて ひめもたけすみ ほたかみも』ホ26
『このよしお みつほにつけは おとろきて ほたかみおして ととめしむ』ホ26

 
ほた(絆)」+「かみ(離み)
「ほた」は「合わせ・結び・つなぎ」などの意で「ほそ(臍)」に同じ。
「かみ」は「かむ(離む)」の名詞化。
「鼻をかむ」の「かむ」で、ここでは「B: 離す・放つ・分ける・切る」などの意。

  

10/07/13

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】