てれは  テレハ  tereha

  

【者】
そしたら。そうならば。されば。しかれば。

『もものきに かくれてももの みおなくる てれはしりそく』ホ5
てれはたからは なんのため』ホ13
てれはうらむな あけらるも ゑもへもよらす もとむなり』ホ16
てれはめすとも いくたひも おそれてのちは うらみなし つつしみはこれ』ホ16
てれはひめきみ さはらねと いきすひたちと なすおひそ』ホ16
てれはすへらの よよのかき おのかをなりと ちかいなす』ホ23
『ときにきみ つくしはかての たらさるか てれはゆきみて たおまさん』ホ25
てれはたたゆる みなかぬし あきりにのりて やもにゆき』ミ6

 
「つ」で終わる動詞の已然形「てれ」に「ば」が付いた「てれば」が接続詞として独立したもの。

『あわみちの もとのこころお つらつらと おもんみてれはミ10

 
類語:「されは(然れば)」「しかれは(然れば)」「では」
(辞書には「てへれば(者)」とある。すると「それじゃあ」とか「じゃあ」は「者」を音読みしたものか)

  

09/10/19

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】