なく  ナク  naku

  

【(綯く・慰ぐ)・和ぐ・凪ぐ】
A: 合う/合わす。和らぐ/和す。紛れる/紛らす。収まる/収める。結ぶ。生む。
  平る/平らす。直る/直す。匹敵する/させる。釣合う/合せる。対応する/させる。

『もろおとろきて もとむれと ついにゑされは なみなきて みふねつきけり』ホ39

 
変態:「にく(和ぐ)」「ねく(祈ぐ・労ぐ)」「ぬく(温く)」「はく(接ぐ・履く)」「まく(巻く・設く)
派生語:「なか(中・半)」「なき(凪)」「つなく(繋ぐ)」「なかむ(眺む)」「かなき(鉗)」「なこり(名残)」「なかく(中ぐ)」「なか(眺)」「なかは(半ば)」「いなき(稲置)」「まなか(真中)」「なかふ(詠ふ)」「なくさむ(慰む)

 
 

【投ぐ・薙ぐ・(退く)】
B: 離れる/離す。放つ。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

『たけくしなくる これもかみ またおひくれは』ホ5
『ここさわやまの はやききす ひなくるつけの たかまには かみはかりして』ホ8
『かたまろなける あけねすみ きくたみうはひ むさほるお』ホ8
『かねてさつさに うたみつけ なくれはたしむ はたれまお さつさつつうた』ホ8
『こちふきかわり にしけむり あたにおふえは くさおなくホ39

全部見る 

 
変態:「にく(逃ぐ)」「ぬく(脱ぐ)」「のく(退く)」「はく(吐く・掃く・剥ぐ)」「まく(撒く・曲ぐ)」「わく(分く)
派生語:「なき(薙)」「くさなき(草薙)」「いなき(稲城)

 
 

【(擦く・撫く)・鳴く】
C: 行き来する/させる。回る/回す。通る/通す。還る/還す。揺れる。振る。響く/響かす。

『とつきとは めのにわなふり をゆれなく をとりなきさる』ホ3
『そさくににうむ そさのをは つねにおたけひ なきいさち くにたみくしく』ホ3

『またやるやたの からすなき あまかみのみこ なんちめす いさわいさわそ』ホ29
『あにいかり ゆきおひいると きらんとす やゐみこてあし わななけは』ホ31
『ひめおとろきて さけひなく おほかみはちて ひととなり』ホ34

全部見る 

 
変態:「たく(綰く)」「ぬく(貫く)」「あく(明く)」「おく(送く)」「はく(環く)」「わく(環く)」「まく(巻く)
派生語:「なかる(流る)」「なかす(流す)」「はなけ(放来)」「わななく(戦慄く)」「いわなか(磐長)」「なきさ(渚)

 
 

【(熟ぐ・長く)・泣く】
D: 正の方向に離れる/離す。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

『めはあにむかひ ましわりの かねのにしなき とわたなす』ホ16

 
変態:「にく(賑く)」「ぬく(貫く)」「のく(仰く)」「たく(長く)」「はく(化く)」「やく(焼く)」「わく(沸く)
派生語「なか(長・中)」「なからふ(永らふ)」「やまなか(山中)」「なかく(長ぐ・中ぐ)」「みなく(漲ぐ)

 
 

【泣く・(嘆く・退く・萎く)】
E: 負の方向に離れる/離す。「低まる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

『はなこおとろき ひにやふれ かみさりますと なくこえに きみいかりまし』ホ7
『なもなくて あめおなくやと わかひこか ははやおいれは むねとほり』ホ10
『たかてるひめの なくこえの あめにきこえて』ホ10
『ほろろなけとも ちのたゐそ さかなときるも おろかなり』ホ10
なきいわく ひめほろほして まみえゑす きみもなんたに』ホ40

全部見る 

 
変態:「のく(退く)」「はく(禿ぐ)」「まく(負く)
派生語:「なけく(嘆く)」「やなき(柳)

 

10/02/18

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】