なきさ  ナキサ  nakisa

  

【渚・汀・波瀲】
波立つさま。波打つ水面。波のうねる海。 ⇔ 凪の海

『ふそむのあやに かもわれて とよたまひめも なきさにて』ホ序
『ははよりなきさ たけうかや ふきあわせすの なおたまふ』ホ26
なきさにおちて おほるるお たけきこころに およかせは』ホ26
なきさにおよく あさけりに はらはひのはち かさぬみは あにのほらんや』ホ26
『なんちなきさに おちんとす みたねおもえは たけこころ』ホ26
『ひめはおもむろ みつはみや むかしなきさに ちかいして』ホ27

 
「なきす」の名詞化。
「なきす」は「なく(擦く・撫く)」と同義語「きす(帰す)」の合成。
ここでは「C: 往き来する・干満する・波うつ」などの意。

類語:「しほ(潮)」「みちひ(満干)」「なみ(波)うしほ(潮)」「みしほ(潮)」「ありそ(荒磯)

  

10/07/15

 

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】