のく  ノク  noku

  

【(乗く・和く)・残く】
A: 合う/合わす。治まる/治める。在る/現す。続く/続ける。保つ。直る/直す。

変態:「なく(和ぐ)」「にく(和ぐ)」「ねく(祈ぐ・労ぐ)」「おく(置く)
派生語:「のこる(残る)」「おのこ(治和)

 
 

【退く・(宣く・逃ぐ)】
B: 離れる/離す。放つ。払う。発す。
そる/そらす。曲る/曲げる。

変態:「なく(鳴く・投ぐ・薙ぐ)」「にく(逃ぐ)」「ぬく(抜く・脱ぐ)
派生語:「のかる(逃る)」「のこと(祝詞)」「のかせ(野風)」「のき(軒)

 
 

【(伸く・延く・熟く)・仰く】
D: 正の方向に離れる/離す。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

変態:「うく(浮く)」「ふく(噴く)」「ゆく(逝く)」「おく(熾く)
派生語:「みちのく(道奥)」「あのく(老熟く)

 
 

【(萎く)・退く】
E: 負の方向に離れる/離す。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

『とみにさつけて のくへきお またいらふこと いかんそや』ホ31

 
変態:「とく(退く)」「ひく(退く)」「ほく(呆く)
派生語:「おのこ(狗)」「しのく(凌ぐ)」「のき(軒)

 
 

【(熟)・奥】
D: 正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」さま

「のく(熟く)」の名詞化。

変態:「おく(奥)

  

10/02/09

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】