なけく  ナケク  nakeku

  

【嘆く・歎く】
E: 負の方向に離れる/離す。 残念に思う。落胆する。
  ●その無念さを漏らす・こぼす。

『きしゐのいなた ほをむしに いたむおなけきホ1
なけくとよけの はらみやま のほりてみれと』ホ4
『やはりなけきて ひたかみの みやにかえれは』ホ4
『ゑとやすめとて うちみやの とよひめめせは ねのつほね さかりなけけは』ホ7
『ふつくなけきて やつかれら かえりもふてん あめたみと いのちおこえは』ホ8
『おちおいの しむのあやまち つくのえと なけきうたふや』ホ9
なけけはみうち もろめして まふつのかかみ うつさるる』ホ13
『ひひのしし しなきみいてて ちよみくさ たつぬとなけくホ15
『かれおなけきて みちさつく おもえいのちは みのたから ことわさもせな』ホ15
『あまきみえみて なけくなと あかつちかみに これをしゑ』ホ25
なけきつくれは みことのり みけぬしをしに いのらしむ』ホ32
なけきていわく ををんかみ あめのみちなす よよのきみ つきうけおさむ』ホ32
『わかちから よにくらへんと もとむれと なくてまかるや ひたなけくホ35
なけきまつりて そゐとしの きさらきもちに めすたには みちのうしのめ』ホ36
『くしとおひ うれはなけきて ひめのため つかりあひきの まつりなす』ホ39
『これみたひ あつまあわやと なけきます あつまのもとや』ホ39
『すへらきは ゐもやすからす あちあらす ひめもすなけき のたまわく』ホ40

 
なく(泣く・萎く)」と同義語「けく(転く)」の合成。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる/離す」で、「下げる・勢いを失わす・劣らす・縮小する・静める・隅に置く・果てさす」などの意。

類語:「こほす(零す・毀す)」「こほつ(毀つ)」「こわす(壊す)」「こらす(懲らす)

  

10/01/17

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】