いなき  イナキ  inaki
ゐなき  ヰナキ  winaki

  

【(否ぎ・否垣)・稲城】
離し。放ち。払い。拒み。限り。
●(敵の進撃を)拒む垣。防御柵。

『ときにさほひこ いなきなし かたくふせきて くたりゑす』ホ35
『みこいたき いなきにいれは みことのり きさきとみこお たすへしと』ホ35

 
「いなく」の名詞化。
「いなく」は「いぬ(否ぬ・辞ぬ)」と「なく(投く・退く)」の合成。
ここでは「B: 離す・放つ・払う・限る」などの意。

類語:「しろ(城)

 
 

【(結和き)・稲置】
束ねる者。治める者。司。主。

『いしうらの よこたておよひ たこゐなき ちちかいなきお ひきつれて』ホ38

 
「いなく」の名詞化。
「いなく」は「いぬ(結ぬ)」と「なく(和く)」の合成。
ここでは「A: 合わす・束ねる・治める」などの意。
 

【稲置】いなぎ −広辞苑より−
大和朝廷時代の下級地方官。
隋書東夷伝に「八十戸置一伊尼翼(いなぎ)如今里長也。十伊尼翼属一軍尼(くに)」とある。

  

10/08/19

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】