なかふ  ナカフ  nakafu

  

【(詠ふ)】
A: 合わす。連ねる。綴る。表現する。作る。

『つすはつね うたみにそめて かえせよと なかえたまはる』ホ39

 
なく(和ぐ)」と同義語「かふ(交ふ)」の合成。
ここではここでは「A: 合わす・連ねる・現す」などの意。

変態:「なかむ(詠む)」「ねかふ(願う)「なこむ(和む)」
類語:「よむ(詠む)

 
 

【熟かふ・長ふ】
正の方向に離れる・離す。 「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」

「なかふ」は「なく(熟ぐ・長く)」から派生した同義語。
ここでは正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に「離れる・離す」で、「高める・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・勝らす・至らす」などの意。

  

10/01/29

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】