ふむ  フム  fumu

  

【(和む)・踏む・履む・践む】
A: 合う/合わす。押す。上に乗る。迫る/攻める。生む。現す。
  収(治)まる/収(治)める。継ぐ。纏る。留める。守る。踏まえる。値踏みする。

『そらとはす はにふみおれは こたえしる かせはにかみの まもるゆえ』ホ17
『これふんた しゐはふすりも おたけんは つらもかたるも わけらんや』ホ17
ふむあとの のにひとうみて のるはのて ねわによろこふ ねわはこて』ホ18
『かかみをみ すえほろふれは たみはなれ ひつきふまれす』ホ24
『ねかはくは われとなんちと みよふまは やすきまくらや たもたんそ』ホ35

全部見る 

 
変態:「はむ(食む)」「はふ(生ふ・侍ぶ)」「はる(貼る・治る)」「ふる(触る)」「へる(綜る)」「ほる(惚る・欲る)
派生語:「ふみ(文・碑)」「あふみ(腎・鐙・近江)
独り言:「扮・芬・紛・雰・墳」

 
 

【(分む・噴む)・踏む】
B: 離れる/離す。放つ。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。
C: 往き来する/させる。回る/回す。揺れる/揺らす。振る/ぶれる。通る/通す。歩む。

かたにわふんて けちらして いつのおたけに なしりとふ』ホ7
『みにくきに よきみやひあり よそおひに なふみまよひそ』
ホ13
『なんちしのひす わかはちと おほそらふんて みもろやま』ホ34
『きのなかさ こもなそたけそ ももふみて ゆききにうたふ』ホ38
『とめちとは めのみそむふむ せはといき ももいきはまち』ミ6

 
変態:「はぬ(刎ぬ)」「ひぬ(捻ぬ)」「ひる(簸る)」「ふる(狂る・振る)」「へる(放る)」「ほる(彫る)」「ゆる(揺る)

 
 

【(憤む・奮む)・踏む】
D: 正の方向に離れる/離す。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」
  ●<踏み+動詞の形で>「勢いよく・力強く・強引に」の意を添える。=うち(打ち)たち(立ち)おし(押し)

『まこにたつなお ひかせおき むまのみきより ふみのほりホ191
『これおふみはる わかちから よにくらへんと もとむれと なくてまかるや』ホ35

変態:「はふ(栄ふ)」「はぬ(跳ぬ)」「はる(張る)」「ふゆ(増ゆ)」「ふる(振る)」「へる(経る)」「ほむ(褒む)

 
 

【(降む)・踏む】
E: 負の方向に離れる/離す。「下げる・勢いを失わす・劣らす・縮小する・沈める・下に置く・果てさす」

『せおりつひめの みやひには きみもきさはし ふみおりて』ホ6
『さるもももくら ふむかゐそ つかむのむそて よもそくら』
ホ7
めをふみわけて かひなくる をさめくらせて ゆふぬのも きぬもをるなり』ホ23
『みちりのたてに へかさりお かけてよつむつ ふみわくる』ホ23
『つうちよこへに つりわけて をりひめかさり ふむときに』ホ23

全部見る 

 
変態:「はふ(這う)」「はむ(蝕む)」「ひゆ(冷ゆ)」「ふる(降る)」「へる(減る)」「ほる(恍る)」「うむ(倦む)
派生語:「ふもと(麓)

 

10/06/01

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】