アルカタチ

→ 語義
  

在る形。有る形。
現れた様子。現状。またそうなった経緯。
  

イサワの宮に 侍る時 キシヰの稲田 蝕虫に 傷むを嘆き ある形 告ぐる結和の 大御神 アマのマナヰに 御幸後』1文
ある形 に告ぐれば フトマニを 味はえ曰く "五・四の歌 言を結ばず 
言挙げも 女は先き立てず"』3文
『昔タマキネ 誓いして カツラギ山の 八千 済みて斎鳥の 出車を 造り の 迎ひとて ハラミに伝ふ ある形4文
ある形 宣給えば ハテ守しばし 思ふ時 ウド守来たり25文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】