ウタミ・ウタエ・ウタフダ・ソメフダ

→ 語義
  

歌見。歌得。歌札。染札。
歌を書き記す短冊。  
  

タマツ御使 アチヒコを 見れば焦るる 沸姫の 沸の歌 詠み 歌見染め 思ひかねてぞ 進むるを』1文
大御神 予てサツサに 歌見 付け 投ぐれば嗜む ハタレマを サツサ付つ歌8文
大御神 天地 知ろす 貴霊に 聡くハタレが 息計り 御歌作れば 染札を サツサ餅飯に 付け投ぐる』12文
恨み 衾 被りて 応え無し 返言すれば しばし 思ひてワカの 歌見染め オキヒコをして 差使人24文
目無し交網 カモに入れ 歌札付けて も乗せ 帆上げ 艫綱 解き放つ 尽しウマシの 浜に着く』25文
交網の 誰がカモか有る 年の朝 歌得 添むるを 取り見れば ワカの歌あり』25文
十九初音 歌見に染めて "返せよ" と 詠え給はる "
新治 出 筑波を過ぎて 幾夜日 寝つる"』39文
碓氷の坂に ヤマトタケ 別れし姫を 思ひつつ 東南を望みて 思ひ遣り 形見の歌見 取り出だし見て』

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】