オリヰル

→ 語義
  

【下り居る】オリヰル −広辞苑より−
1.下へおりている。下にさがっている。
2.車・馬などからおりてすわる。
3.天皇が位を退く。

【下り居の帝】オリヰノミカド −広辞苑より−
退位された天皇。太上天皇。上皇。

【下り居の宮】オリヰノミヤ −広辞苑より−
上皇の御所。仙洞(せんとう)御所。
  

『春の初日に 世の日月 御子オシヒトに 譲りまし よりイセに 下り居ます19-2文
天君と  諸共 シノ宮に 下り居てここに 神となる 時 四十二鈴 八百五十枝 際年ネウト 八月四日』27文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】