イヅモヂモリ

→ 語義
  

出雲方森 (五捩森)。 
タマヨリ姫
が隠れ住んだ高野の森の別名。
イサワの地から見て西北方向にある地域はすべてイヅモと呼ぶようだ。またこの森に五色の雲が起ることからの名ともいう。
  

京都市左京区上高野西明寺山町、崇導 (スドウ) 神社摂社、出雲高野 (イズモタカノ) 神社
京都府京都市左京区上高野東山、御陰 (ミカゲ) 神社
  

★「出雲路とは、出雲郷をいう。あんずるに延喜式に出雲井上神社あり。また出雲寺あり。郷名はこの社名にちなむ。しかして盛衰記に賀茂河原西、一条北辺におはする出雲路の道祖神、とあるを思うに、出雲神社の通路の義なり。出雲御霊の神の荒びを中途に塞ぐ意よりでたるか。」
★『近畿地方に於ける神社
山端(やまばな)の北手に高野村といふ處がありますが、其處に出雲高野神社といふものがあつたといふことであります。今日ではそれが變りまして崇道神社といふものになつて居ります。それが出雲高野神社であるといふことを、色々神社の研究をした人が考證して居ります。又京都の北部全體を出雲路と稱して居ります
■京都府京都市北区の賀茂西岸に、出雲路松ノ下町、出雲路立テ本町、出雲路俵町、出雲路神楽町の名が今も遺る。
  

日似の麓に 姫 ありて 乳 良き故に 民の子の 痩するに乳を 賜われば たちまち肥ゆる』27文
『これ昔 守の子なれど 隠れ住む 森に五色の 雲起る 出雲方森と 名付くなり』27文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】