みをやのこころ  ミヲヤノココロ  miwoyanokokoro

  

【御祖の心】
上流にある者の精神。下を慈しみ養う心。下を和し調える心。

『たみおめくみて わかこそと なつれはかえる ひとくさの みをやのこころホ27

 
みをや(御祖)」 の 「こころ(心)

類語:「をやこころ(親心)」「みをやのみち(御祖の道)
 

『鑑みて 助くる民は 子の如く ヤタは公』ホ17
『二尊受けて 親となり 民を我が子と 育つるに 篤く教えて 人と成す』
ホ17
『臣ら ひめもす 倦まなくて 教えを常の 業となせ』
ホ17
『臣・民 子・孫 隔てなく 慈く恵まん 思ひなり』
ホ17
『教えぬ者は 臣ならず 教え受けぬは 民ならず』
ホ17
『民は孫 工・商人も 曽孫・玄孫 物知るとても 蠢かで 調の導きに 入らざらんをや』
ホ17
『親心 細々篤き 調の教え』ホ17

  

09/11/27

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】