おけ  オケ  oke
をけ  ヲケ  woke

  

【桶】
(何かを)収めるもの。器。

『くににむかえは つきおけの くちよりよねの いゐかしく』ホ15

 
おく(和く・置く)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・入れる・収める・溜める」などの意。

変態:「うけ(槽・受け)」「いけ(池)」「ゆき(靫)
類語:「ふね(槽)

 
 

【(穢汚・汚曲)・穢気】
負の方向に離れるさま。穢れ。月経。

『あるしのおけの ととまりて おもはすをのこ うみそたつ』ホ27
『ひめのもすそに つきをけの しみたるおみて やまとたけ みしかうたして』ホ40

 
おく(下く)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。
また「お(汚・穢)」+「け(曲・枯・汚)

変態:「ゑけ(穢気)」「あか(垢)
類語:「おゑ(汚穢)」「いわ(汚穢)」「いま(忌)」「をわい(汚穢)」

 
 

【(可笑)】
(心を)沸かせるさま。

『あはれ あなおもしろ あなたのし あなさやけ おけ さやけ』ホ7

 
おく(起く・上ぐ・熾く)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。

変態:「おかし(可笑し)」「ゆかし(懐しい)」「ゆかい(愉快)」「ふかし(深し)」

 
 

【朮】
焚いて(穢を)祓い清めること(もの)。

『ささおけとんと もちやきて かゆはしらなす かみありの かゆふとまにや』ミ7
『すのよろは をけのとんとの かゆうらに のりゆみはしら うたうよろこひ』フすよろ

 
おけら(朮)」の短縮。

  

10/03/12

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】