おしくも  オシクモ  osikumo
かしまおしくも  カシマオシクモ  kasimaosikumo
あまのおしくも  アマノオシクモ  amanoosikumo

  

【天押雲命・天忍雲根命】<人名>
汚穢隈を祓い直す者。

『ほつまちは かしまおしくも ひたかひこ みしまみそくい』ホ27
『よつきふみ ありとてあまの おしくもに のりしてよつき やしろなす』ホ27
『ときにおしくも なあてなし こやねふとまに うらなえは』ホ27
おしくもきよめ よつきやに いのれはしるし はらみゑて』ホ27
『これのさき はらのおしくも めしのほす おととひたちは わかきゆえ』ホ27
おしくもと くしみかたまと まてにあり たねこはみこの おおんもり』ホ27
『わかこころ さきにかかみは おしくもに またやゑかきは わにひこに』ホ27
『つとめとて みかさにかえり たらまつり なんちおしくも しかときけ』ホ28
おしくもは よそやもにいり やましろの おしほにおさむ ひかしむき』ホ28
『みをやすへらき みこなきお おしくもいのる そのふみお こえとさつけす』ホ28
『みかかみは ひたりおしくも やゑかきは くしみかたまに さつけおき』ホ30
『くしみかたまは おしくもと なかすねうては にけゆくお』ホ30
『ものぬしかえり おしくもは かわちにゆきて おしほより』ホ30

 
かしま(和親)あま(和)」+「おし(押す/逐す)」+「くも(雲・隈・枯)
「おす」はここでは「A: 合わす・収(治)める・直す」、また「B: 離す・放つ・祓う」などの意。
「かしま」と「あま」は同義語で、やはり「合わせ・和し・直し」の意だが、
同時に祖父のカシマ守と父のアマノコヤネの名もかけていると思われる。

類語:「おゐゑ(追穢)」「たか(治枯・多賀)

  

09/12/08

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】