くしみかたま  クシミカタマ  kusimikatama
くしみかた  クシミカタ  kusimikata

  

【(貴霊が賜)・櫛甕玉・櫛御方命・天日方奇日方命】<人名>
ワニヒコの通称。
(オオナムチに顕れた「くしゐわさたま(貴霊業霊)」に因む)

『わにのりあはえ かえるうち うむこのいみな わにひこは くしみかたまそ』ホ27
『ことしろぬしか ゑとのこの くしみかたまお こいうけて つきとなすへし』
ホ27
くしみかたまと わかつまの さしくにわかめ もろともに』ホ27
『おしくもと くしみかたまと まてにあり たねこはみこの おおんもり』ホ27
『たかのみやもる うものぬし くしみかたまに みことのり』ホ29
『みかかみは ひたりおしくも やゑかきは くしみかたまに さつけおき』ホ30
くしみかたまは おしくもと なかすねうては にけゆくお』ホ30
くしみかたまは しとねふゑ ひのをみうたふ みやことり みゑおりてきく』ホ30
『あたねはかかみ あめとみは やゑかきもちて あめたねこ くしみかたまに』ホ30
『あめたねこ くしみかたまと やすかわの かりやにいのり』ホ30
くしみかた きみにもふさく しむのはち きみうなつきて ひそかにし』ホ31

 
くしみ(奇霊・貴霊)」+「か(格助詞)」+「たま(賜)た(賜)
「たま・た」は「たむ(垂む・賜む)」の名詞化。
ここでは「(世に)下る・下生する」などの意。

  

10/07/19

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】