いたわり  イタワリ  itawari
いたはり  イタハリ  itahari

  

【労り・功】
あたること。作用。効果。影響。痛み。障り。

『このいたわりも つつしみて よきとしのへと いまわかみ』ホ16

 ●心を痛めること。愛しむこと。

『これかみの みこにをしゑて いたわりお しらねはかみは とりゐぬそ』ホ21

 ●好ましい効果/結果。

『われあれはこそ なんちその おおよそになす いたはりそ』ホ27

 
いたわる(労る)」の名詞化。

類語:「いたみ(痛み・悼み)」「いつくし(慈し)」「いとう(慈愛)」「いとしみ(愛しみ)」

  

09/11/30

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】