いたわり  イタワリ  itawari
いたはり  イタハリ  itahari

  

【労り】
1.(心身に)感じるさま。他人の心を我がものとして感じること。共感・共鳴。同調・同情。

『これかみの みこにをしゑて いたわりお しらねはかみは とりゐぬそ』ホ21

2.負の方向に離れるさま。 つらさ。くるしさ。苦労。

『このいたわりも つつしみて よきとしのへと いまわかみ』ホ16

 
いたわる(労る)」の名詞化。

類語:「いたみ(痛み/傷み)」「いつくしみ(慈しみ)」「いとしみ(愛しみ)」「いとう(慈愛)」「くるしみ(苦しみ)」「つらさ(辛さ)」

 
 

【(至わり)・功】
 正の方向に離れるさま。 至り。実り。成就。成果。成功。

『われあれはこそ なんちその おおよそになす いたはりそ』ホ27

 
いたはる(至わる)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

類語:「いさおし(功)」「いたり(至り)」「いなり(稲荷)」「みのり(実り)」「ひしり(聖)

  

09/11/30

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】