ウツムロ

→ 語義
  

埋室。無戸室。
室に埋まること。室を塞いで籠ること。また塞がれた空間・屋・室。
  

■「うつむろ」は「うちむろ(内室)」の変態であることから、室に塞ぎ籠ることは内室(ないしつ)であることを主張する行為なのかもしれない。
★「木花之佐久夜昆売は、郷里の富士の裾野に帰り河口湖畔 に八紘殿を造り泥で眼張って無戸室とし、閉じこもってしまいました。以来この地を「産屋ヶ崎」と呼ぶようになりました。」
  

裾野に 埋室し 周りに柴の 垣 成して 母子誓ひて 中にあり 他胤ならば 滅びんと 火を着け焼けば』24文
幸菱は 昔この 埋室囲む 竹焦げて 棄つれば生える 斑竹27文
『紋に写して 御衣の名も "最愛圧し"と 妹背の御衣 産着に用ゆ 基ぞ 臍の緒切れる 竹もこれ』27文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】