ミソロイケ

→ 語義
  

深泥池 (満精池)。
その池水が田のソロに乗って実ったので。
京都市北区上賀茂深泥池町。
  

賀茂別雷神社の東に、深泥池(みぞろいけ)がある。謡曲では御菩薩池(みぞろいけ)と言う。
  

ヒヱの山 その池水が 田のソロに 乗りて実れば "ミソロ池" まま在り池の 西場や』24文

  

  

ミソロノタツ

→ 語義
  

(三揃の竜/満精の竜)。 
コノシロ(熟精)の竜タツタの尊・竜君・鱗君
海・山・里の三生きを悟って満ち至ったの極み。それがタツタの尊だという。
同様に、上つ身である人が天・地・人の三生きを悟れば神となるという (アヰソロの神)
ニニキネトヨタマ姫への諭しの言葉にでてくる。 
トヨタマ姫にまつわる竜神伝説は、この話が元になっているように思われる。
  

京都市左京区鞍馬貴船町、貴船 (キブネ) 神社
  

の子は 千年 海に棲み 立達知る 千年 山に棲み 立っ振ると 千年 里に棲み 付く離る 三生き悟りて 君となる』26文
葵・桂 妹背を得ば 人生き悟る 三つ知れば 竜君如く 
となる』26文
は卑れ 三つ知る故に 鱗君 上つ身 居を 三つ知れば 人は
なり』26文
は骸 ミヅハ宮 昔 渚に 誓いして ミソロの竜の 神霊得て 名もアヰソロの となる』27文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】