つくしをしか  ツクシヲシカ  tukusiwosika
つくしのをし  ツクシノヲシ  tukusinowosi

  

【筑紫の御使】
筑紫を治めるために中央から派遣する御使。
(皇族が派遣される場合は「筑紫央君」と呼ばれる)

『やすにおさめて まつるのち つくしをしかの みことのり』ホ27
『のちにくしなし かみとなる ははにこわれて をしかすつ』ホ27
『かしはてによる うさこひめ たねこかつまと ちちにとひ つくしのをしと』ホ29

 
つくし(筑紫)」+「をしか(御使・大使)
つくし(筑紫)」 の 「をし(御使・大使)

  

15/01/31

   

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】