よこへ  ヨコヘ  yokohe

  

【(横綜)】【(横侍)】
補助。補佐。監査役。
1.(経糸を通す)ツウシを補助する綜。

『つうちよこへに つりわけて をりひめかさり ふむときに』ホ23
よこへにわけて つうちひく かひぬきなけて をさめくる』ホ23
『にしきのあやお をることく よこへつうちに たておわけ』ホ27
『をぬうなる みははもすそも ほころひす つうしよこへの いともかしこし』フをぬう

2.(経・法を通す)ツウシを補助する侍。監査役。

よこへかえりて もふさくは いつもやゑかき おほなむち』ホ10
『ふとまにみれは けたおしる つうしよこへお つかわして』ホ21
『このくにつこに よこへそり そえてあまねく みちわきて』ホ23
よこへにさらに あらためて そのたみいかす』ホ23
『にしきのあやお をることく よこへつうちに たておわけ』ホ27
『をぬうなる みははもすそも ほころひす つうしよこへの いともかしこし』フをぬう

 
よこ(横)」+「へ(綜/侍・部・衛)
「よこ」は「よく(寄く/避く)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・添う・補う」、裏を返して「B: 離れる・(主流から)それる」などの意。
「へ」はここでは「束ね・収(治)め・侍べ・仕え」などの意。

変態:「よこめ(横目)」
関連語:「つうし・つうち(通じ)」「あたひ(値)

  

10/12/29

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】