アヒラ

→ 語義
  

吾平。阿比良。姶良。(陽翻)。
ウガヤミヤサキ山の洞で神上がるときの「アカンタヒラ」と同源か。  
九州各地にこれに因んだものと思われる地名が多く残る。
吾平(アヒラ・アイラ)、姶良(アイラ)、油津(アブラツ)、荒平(アラヒラ) ・・・
  

参考:
【阿毘羅吽欠】あびらうんけん  −広辞苑より−
〔仏〕(梵語 a vi ra humkham) 
密教で、胎蔵界大日如来の真言。地・水・火・風・空の五大を象徴する。
この真言を唱えると一切のことが成就するという。

  

  

アヒラノカミ

→ 語義

  
アヒラの神。
ウガヤフキアワセズの贈名の一つ。

御祖天君 筑紫治す 十年治めて ひたる時 和君の璽を タケヒトに 授けアヒラの 神となる』29文

  

  

アヒラツヒメ・アヒラヒメ

→ 語義

  
吾平津媛。阿比良比売。  
タケヒト (神武) のツクシ時代の妻で、神武即位後は大典侍となる。 
タギシミミ
を生む (神武45歳)
神武の供として同じ辞洞に入り世を去る。
  

宮崎県日南市林光寺、吾平津 (アヒラツ) 神社
奈良県御所市柏原、ほほ間 (ホホマ) 神社
  

★『古事記』海幸彦 (火闌降命・火照命) の子孫で、阿多の小椅君(オバシノキミ) の妹。 
★初代神武天皇の日向時代の妻。多芸志美美命(たぎしみみ) と岐須美美命(きすみみ) を産んでいる。「あひら」や「あた」が、隼人を示す言葉であることはお分かりだろう。隼人の勢力範囲が、南九州全体に及んでいた証拠と思う。

  

ツミハ──┐┌クシミカタマ
     ├┼クシナシ
タマクシ姫┘└──────タタラヰソスズ姫(内宮)
                 ┃
          ┌ヰツセ   ┃─カンヤヰミミ
          ├ミケイリ  ┃
ウガヤフキアワセズ┐├イナヰイ  ┃─カヌナカワミミイキシ
         ├┤      ┃        │
タマヨリ姫────┘└カンヤマトイハワレヒコ    └タマテ
             ┃       ┃
             ┃─タギシミミ ┃
             ┃       ┃
ヒウガ・アタ県主───アヒラツ姫(大典侍) ┃
                     ┃
           クメ───イスキヨリ姫(御下)
                (後にタカクラシタに下される)

  

モノヌシ一人 民治む 時にタケヒト アヒラ姫 娶り生む御子 タギシミミ 君 歳四十五』29文
御鏡は ヰソスズ姫に 八重垣は アヒラツ姫に 御璽は の身に添え』30文
アヒラツ姫と モノヌシと 橿原宮に 侍りて 長く喪に入り 生き坐すの 如に勤むる』31文
を 白檮尾に送り 装ひは アヒラツ姫と ワニヒコと 問わず語りを なし侍る』31文

  

  

アヒラツヤマ

  
荒平つ山。
宮崎県宮崎郡清武町と田野町にまたがる荒平山(アラヒラヤマ・603m)
この山の洞でウガヤは神となる。 =ミヤサキ山
  

タガに告ぐれば 喪に入りて "ヒウガの神" と 祭なす ヲニフに祭る "カモの神" アヒラツ山は "御祖神"』27文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】