みかけ  ミカケ  mikake

  

【身陰】【御陰】
1.身の陰。
2.
1の尊称。

『てくるまのうち せおりつめ あめのみかけに あきつめは ひのみかけさす』ホ8

 
み(身/御)」+「かけ(陰)
「かけ」は「かく(離く)」の名詞化。
ここでは「(光・視界を)離れたもの・所」の意。

 
 

【(霊影・神影)・御影】
1.エネルギーの放射。光の放射。神霊。

『てくるまのうち せおりつめ あめのみかけに あきつめは ひのみかけさす』ホ8
『あめのはつひの みかけさす ふたかみおもゐ はからつも』ミ逸

2.神霊の写し。神霊の反映。

『わけいかつちの ほこらなし つねにみかけお まつるなり』ホ27

 
み(霊・神)」+「かけ(影)
「かけ」は「かく(離く/交く)」の名詞化。
ここでは「放ち・発し・放射」、裏を返して「合わせ・写し・反映」などの意。

類語:「みたま(神霊)」「おもかけ(面影)」

  

09/11/28

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】