ことしろぬし  コトシロヌシ  kotosironusi

  

【事代主・(事領主・事知主)】
コトシロを司る者。モノヌシを代行補佐する者。

『くしひこお おおものぬしの かわりとて ことしろぬしと つかゑしめ』ホ9
『あめのこたえお とふときに ことしろぬしか ゑみすかほ』ホ10
『そえむらし ことしろぬしと たすけしむ そえのふたりは へとかさり』ホ23
『そえもののへは とまみなり ことしろぬしは つみはなり』ホ23
ことしろぬしか ゑとのこの くしみかたまお こいうけて つきとなすへし』ホ27
ことしろぬしお ゑみすかみ まこのくしねお あかたぬし』ホ29
『あのねせは ことしろぬしか みほのつり ちちかすすかの みそきなすまて』フあねせ

 
ことしろ(言領・事知)」+「ぬし(主)

別名:「つり(連)
類語:「むらし(連)
そえもののへ(副モノノベ)」「そえものぬし(副モノヌシ)

  

09/07/26

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】