しまつひこ  シマツヒコ  simatuhiko

  

【(下没彦)・嶋津彦】<人名>
1.鵜の鳥を見てイカダ竿さしを発明した臣。

しまつとりのう おきつとり かもとふねなり』ホ5
『つきすみは しまつひこより ななよすむ いまかなさきの』ホ6
『ふねはいにしゑ しまつひこ くちきにのれる うのとりの』ホ27
しまつひこ なかれきにほす うのはみて きおあみつらね いかたのり』ミ10

2.筑紫の国守 (1の子孫)。

しまつひこ つきおきつひこ しかのかみ これはあつみに まつらしむ』ホ5

 
しまつ(下没)」+「ひこ(彦)
「しまつ」は「暗いさま・黒いさま」で、ここでは「鵜の鳥」を表す。

  

10/03/23

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】