ハニスキ

→ 語義
  

埴優き。
(陽と陰が融合して発生する) 人間を祝い祭ること。
具体的には、新嘗会において埴の社に、田畑神(人の生活を守る神霊)トの神を祭る。

ハニ(埴)は、ア(陽・魂) と ワ(陰・魄) の融合により生まれるものを表す。具体的には人間。
  

穢神潰は 埴 清きて 祭る社 造り 鬼霊 退し 兄弟のイクシマ タルシマと 尊名賜えば 守も為し』21文
天尊と代々 皇尊 ユキスキの宮 山海と ト尊霊は 埴スキの 嘗会に付けて 人草の 祝 祈るなり27文

  

  

ハニスキノナメヱ

→ 語義
  

埴優の嘗会。
新嘗会
埴の社田畑神(人の生活を守る神霊)トの神を祭る。
  

天尊と代々 皇尊 ユキスキの宮 山海と ト尊霊は 埴スキの 嘗会に付けて 人草の 祝 祈るなり27文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】