ミ  mi

  

【三】見つ。充つ。揃う。父と母と子。

『あまてるかみの みかかみお たしてみくさの みたからお』ホ序
みふゆかみおき はつひもち あわのうやまひ』ホ1
『ふるとしふより つきけの ひとはもよろに』ホ1
『ゆえにをんかみ つきにけ にかきはほなや』ホ1
『むかつひめより このうたお みそめおまてに たたつませ』ホ1
『くりかえし もむそうたひ とよませは むしとひさりて にしのうみ』ホ1
『きみとみたみの みくたりの かみはもふその みこありて』ホ2
『にわにうゑおく とせのち やよいのかに はなもみも』ホ2
『ひとなるのちに やよいか みきつくりそめ たてまつる』ホ2
『みあつけれはや あすあさ さむかわあひる』ホ2
『ここのくみとは やよいか』ホ2
『ふたかみの ひひめみをうむ とのゐつつ とえはかなさき こたふるに』ホ3
『しかれとちちは すすよそほ はははそひほ あめのふし』ホ3
とせいつくに たらされと いわくすふねに のせすつる』ホ3
『つきのをえ なかれととまり かののち みのきよけれは ひまちすと』ホ4
『おほよすからに ことふくも みたひにおよふ ゆきよろし』ホ4
『そことなか かみわたつみの かみうむ これむなかたに まつらしむ』ホ5
『もちこのすけと はやこうち あちことたり はやゆきて』ホ6
『ふはたきこ ゑつのしまひめ はたなこ いちきしまひめ』ホ6
『みこすへて ゐをとめなり』ホ6
『ひめないかしろ ゐそくらと すへてもなそ』ホ7
『をはちちに めはははにつく ひめこも ともにくたりて ひたしませ』ホ7
『しかるのち たかまにはかり そさのをの とかはちくらの きたかれ』ホ7
『とこみきに はやこおめせは そのゆめに とつかのつるき おれきた』ホ7
『さかみにかんて みたとなる たりひめうむ たのいみな』ホ7
『めはつきしほの のちかに きよくあさひお おかみうけ よきこうむなり』ホ7
『きくつねお みさとのあみお のにはりて みなおひいれて たまつなき』ホ8
『きらはみのほに なやまんそ ひとなるまては たすけおき』ホ8
『すえはみそふの たみめひこ もとなかすえの みくらあり』ホ14
『ひにひとめくり おくれへり やよゐはみそこ はなおそふ』ホ14
『なるけもの かせみつよるお なもこゑ きつねたぬきそ』ホ15
『あやまりての ししはめは ししこりちちみ そらこえて』ホ15
『いみこやに とせすすしろ しらひけも はしかみはみて あかそそけ』ホ15
『わかつねのみけ ちよくさ よのにかなより ももにかし』ホ15
『あすふためくり めくりと みそかにはみそ みそひふみ』ホ16
『ひとはらみ みつこおうめは みひかりの さいわひありと あめにつく』ホ16
よつきなれて いつかけも なれといそくは あやしあり』ホ192
『かくやまは やますみのふこ ふとたまは みむすひのこ』ホ20
『なつはかと たそこにあり ねにむきて つまくらにふせ』ホ21
『さのみかと はしらはそき ははたけ たかさもたけ』ホ21
『ふものかは しまにさすらす けたかは かみつめぬきて いれすみし』ホ23
『ももくさあれと はらみの ことまさるゆえ みくさほめ はらみやまなり』ホ24
『はらをきみ ゐつさきみやに はこねかみ とせまつりて』ホ24
『むつほねもなり ととのえは そのあすかに とよつみか』ホ25
『ちほさとにすみ つくはなる みいきさとりて きみとなる』ホ26
みそろのたつの みたまゑて なもあゐそろの かみとなる』
ホ27
『としのほの ととせにはゐき むそとしに みたのふゑとの ひとめくり』ホ28
『くにくにめくり まさかきの ふたゑみゑとゑ かつてなく』ホ28
『とかくしいわく なんちいま ひみのほのほお たつへしそ』ホ28
『きみたかみくら しとねこゑ あまのたねこは しとねゑ』ホ30
『くしみかたまは しとねふゑ ひのをみうたふ みやことり ゑおりてきく』ホ30
みよわのなおき いさおしに なおりものぬし かみたまふ』ホ30
『ものぬしと なかとみあわせ なおりかみ うさにいとうの みめかみや』ホ31
『わかくにきねに はえあり かみなかしもの くにひろく』ホ34
『としおこゆれは たらちねの よそふみそみの をゑくまも』ミ1
ひめみをのあや』ミ3
『うひちによりそ いさなきに かわりいまの ひとくさの』ミ4
『たのなめは みうのあおうけ きさらきの なかよりみうお めにやわせ』ミ7
『ほつきなか みめにとくつき いものこの さわおいわいて』ミ7
『おりつめのつす みそこはな みのつめゐそこ つすさつめ』ホ39
をかみひとめ そのほかに いかてかくにお うむやらん』ミ10
『つきしほうみて みかつきの のちのひまちや』ミ逸

【見・和】「見る」の名詞化。合わせ。付け。添え。和。収め。結び。

うたみそめ おもひかねてそ すすむるお ついとりみれば』ホ1
『いしこりとめか ますかかみ いつくりすすむ』ホ4
『たかまに あめみをや もともとあなみ みそふかみ まつれはたみの とよけかみ』ホ4
『うりふひめ なかこおすけに そなゑしむ これおこよみの うりふつき』ホ6
『はたれまうはひ あらそえり みかたはふきお たきいふす』ホ8
『わかつねのみけ ちよくさ よのにかなより ももにかし』ホ15
『あかまろと あかほしものお そえかこに まうらはかせみホ20
『あめよりくたす ひよみかみ ふたかみこれに やまさなす』ホ21
『むめのはなみの みあえして ひよみのみやの かとてのり』ホ24
くにみかおかに いくさたて つくるみうたに かんかせの』ホ29
『あめとみに かもおうつさせ みをやかみ まつるはりはら とりみやまホ30
『あまつひつきお うけつきて たまてみあめの すへらきみ』ホ31
『やみやのたまも はなかよみ ゆきみんとてそ さそひくる』ホ34
『ををかみの かたみいたたき あふみより みのおめくりて』ホ36
『めつきにいたる はやみむら をさはやみつめ みゆききき』ホ38
『ここにすへらき すすみゑす くたみのむらの かりみやに はかりていわく』ホ38
『をほとしきくの ちりわたこ ささけてまつる くりみさけミ9
『すゑはみそふの ひこかみの みめみかたちお あてまもり』ミ10

【見・実・種】同上。後に結ぶもの。結実。副・従。また(起の)種。 =つ(付・果)

このみにし みおわけおふる きのみゆゑ きみはをめかみ』ホ1
『ひなるのたけの かんみやに きのみおもちて あれませは』ホ2
『にわにうゑおく みとせのち やよいのみかに はなもみもホ2
『ふたかみのなも ももひなき ももひなみなり』
ホ2
『きみはその きのみによりて をかみはき めかみはとそ なつきます』ホ2
『いさみやに うなつきあみて いさなきと いさなみとなる』ホ2
『とこよかみ きのみひかしに うゑてうむ はこくにのかみ』ホ2
『もものきに かくれてももの おなくる てれはしりそく』ホ5
『さけのむあゐに さくらの あきかえるひも さけおくる』ホ11
『みのすかなれは かみこころ めくみてはなに おうるそ』ホ14
『くにとこたちの あめまつる みけはこのみか』ホ15
『もとちからゑぬ いねのは はみてもこえす やふやくに かてたらさるそ』ホ23
『あきはあつき あまにかく よこしうるほひ むねおたす』ホ24
はむゐしなお ゐつわけて なかすゐしかわ せきいれて』ホ24
あつくなれは にきはひて かれにほつみの まつりなす』ホ31
『ねはきたに きさすひかしや さにさかゑ つはにつくる』ミ1
『ねのつきつゆも しもはしら こからしふけは きはおち』ミ9

【身・物・者・己・個】代名詞「もの(物・者)」に同じ。(1)現れ。形。殻。物体。(2)個々のもの。(3)自分個人。

『しいるいさめの おそれみに かくれすみゆく すゑつお』ホ序
『これのうちの めくりよく やまひあらねは なからえり』ホ1
おわけおふる きのみゆゑ きみはをめかみ』ホ1
あつけれはや あすみあさ さむかわあひる』ホ2
『むかしふたかみ つくはにて みめくりとえは』ホ3
『たみのをゑくま にうけて まもらんための くまのみや』ホ3
『とよけみつから みそきして やちくらちきり』ホ4
『つきのをえ なかれととまり みかののち のきよけれは ひまちすと』ホ4
『ははのに すてところなき よのくまお わかみにうけて』ホ5
『こころおあかす うたのみち みそきのみちは おあかす』ホ5
『くらこひめ おたてやまに おさむのち ははこおすてて つにおくる』ホ7
『おきつしま さかむゑのしま いつくしま みからさすらふ』ホ7
『てくるまのうち せおりつめ あめのみかけに あきつめは ひのみかけさす』ホ8
『ははやかかちの ひとみけと つつかせらるる ななむすめ』ホ9
『うすめみの かなてるおみて ををんかみ くわもてつくる むゆつこと』ホ9
『なかれおくめる もろかなも やしましのみの おほなむち』ホ9
『ともなれはこそ おちにとふ われおなきみに あやまつは』ホ10
みてつから たまふみくさお うけたまゑ なおもおもゑよ たからもの』ホ11
『まかるうらみは あまかつか にせめうけて かはるなり』ホ12
『きみかに ひとたひかはり たちまちに たちはたらきて』ホ12
『よをとには みさほおたてよ ゐものは をせのおなかに おることく』ホ13
『みなつきかわき ほそのをえ ちしるとほれは おひたす』ホ14
『あさひのうるお にうけて こみやにあれは よるなみと ともにめくれと』ホ14
『われむかし ひのわにありて てらせとも ひとみおうけす みちひかす』ホ14
『ひとのと なりてはらめと なかゐして こそむつきまて くるしむる』ホ14
『よつなるししは かほすきて ちちみけかれて もかるる』ホ15
『やくしほすかの うつわもの はめはのあか まぬかるる』ホ15
のあふらへり けもかれて やかてまかるそ ふつきなか すすしろくえよ』ホ15
『ひとのも すかかてはみて よろほゑて かるるにほいも ここなしそ』ホ15
『かししはくさく をもみたれ とくはあらひみ うるとなも』ホ15
おくたき はたらくとても こころむく あふらさかんに こおうるそ』ホ16
『たかきは しもかうらやみ かなはねは おきておうらみ きみそしる』ホ16
『ひとおねためは ひにみたひ ほのほくらひて もやする』ホ16
『もしあやまれは たねたちて みとかめあれと』ホ16
『たまきねの をしゑのおひは みみのはに しなわきまえて くにおさむ』ホ16
『もろのたまえは いめかに いとありかたと ゑみすとき』ホ16
『ちちよろこひて はふたゑお みたけのおひと なしたまふ』ホ16
『はらおひなせは のいきす ひたちとなりて ひめのとひ うむときいかん』ホ16
『わかうまれつき みのたけも ひたけむたあり』ホ16
『いまわたりたの まるかかみ あててやたみの こころゐる』ホ17
『つねにおもえよ あまのりお ゑておをさめ たかやして』ホ17
『そろおうゑまき くさきりて かりおさむの たみはまこ』ホ17
『あめのむくひは めすめるも そしるもうつも にかえる』ホ17
『かくしぬすむも にそふる かせよりあめに つくるなり』ホ17
『ましてわかみは みやひより むねにとほれは あやしなく おをさむれとホ17
『あちもいろめも よこしまに しゐにあやかり おからす』ホ17
『みやひなけれは もかるる かれていろほし なんのためそや』ホ17
『むらとのいきお めくらすも いろにおほれて らみからす これみのかかみホ17
『あめのこころに みるはかみ はにとしはかみ このあちお ひとのにしる』ホ17
『すみよろし ゑおころもらは おとおころ かたみにかわり』ホ22
『よよのかまとを まもらしむへし ちかひには みはしらたてよ』ホ22
『あめのをしゑに さからえは にうくあまの さかほこそ』ホ23
『あめにわたれは おからす まかるのつみは ものぬしの みことおうけよ』ホ23
『たのめおいれて ねるつるき いきみにちかく かれうとし』ホ23
『かのめおいれて ねるつるき かれみにちかく いきうとし』ホ23
みのほとも わすれてついに つるきうく うけさせしとて みのかきよ』ホ23
『やはいえゐなり たはをさむ はわかみなり』ホ23
みのたけそなた つらかかち はなたかさなき めはかかみ』ホ24
『すえはなもひこ ほおてみの いみなうつきね』
ホ24
『こもりその みくさすすめて これおたす みとはましわる ひとみくさ』ホ24
『なきさにおよく あさけりに はらはひのはち かさぬは あにのほらんや』ホ26
『みつしるゆえに うろこきみ かんつみおにお みつしれは ひとはかみなり』ホ26
『むねきよく はあかつけと さしかみて あめにつくれは』ホ28
『ときにそさのを これおきり おやすかたと まつるゆえ』ホ28
『さるたひこ みそきにあわの むなさわき ふとまにみれは ゐむのみは』ホ28
『さるたひこ たたらなすおは にいたり そこてひめうむ』ホ28
『みしるしは きみのにそえ みくさとも うちつのみやに をさめます』ホ30
とかみと きはとほからす とのゆかも うつはもともに すみきたる』ホ33
『うまさけや はみわのとの あさとにも いててゆかなん みわのとのとお』ホ33
『うまさけに はみわのとの あさとにも おしひらかねよ みわのとのとお』ホ33
『みからぬし たにみくくりみ たましつか うましみかみは みからぬしやも』ホ34
『たえまくに のみにたまわり いえはつま つきなしのみは ゆみとりそこれ』ホ35
『あやまりたたし へりくたり かみおあかめて おこらす』ホ36
うちみてつくる ちつるきお あかはたかとも なおつけて おしさかにおく』ホ37
『ゆるさすゆえに くにまろも たきえおなけ ことことく ほろひをさまる』ホ38
みおしるわさの いくさわに としなからえて よろひとの』ホ38
『ひたかみは めをのこかみお あけまきに おあやとりて いさみたつ』ホ38
『はなむしろ おあけみきの たわむれや よふけゑゑれは』ホ38
『ゆくにさわらす せめはかつ すなはちしれり はわかこ まことはかみの』ホ39
『たけうちと かたりあわせて ほつまくに かくもとひこお みになして』ホ39
『あまてらすかみ こよみなし そろうえさせて かてふやし おたもたしむ』ホ39
みさしくに さかむのくにと もとひこに なつけたまわる くにつかみ』ホ39
『ふみとめて きみいわくわれ きつおむけ ことなれはお ほろほせる』ホ40
『そらなるものは ちちきけと みのみはしらお ゆきぬけて』ミ1
『こえおちかえの たなはたの そらひのおとは につかす』ミ1
『めのには なりなりたらぬ めもとあり』ミ3
『としたあめみや こゑのみち みおまたくして なからえり』ミ4
『むかしあまかみ ねをはみて のししめくり さめまたく』ミ4
『つくれはかえす はよもつ こころはあめに かえうまれ』ミ4
『とのみこと もはかりをさむ おほらに かみもとあけに かえますお』ミ5
のひかり もともとあけの あまめくみ ととくはしらは すきとほる』ミ6
みをかみひとめ そのほかに いかてかくにお うむやらん』ミ10
『すゆんちり ことほきすくに おたもつ よよなからえの ゐわひうた』ミ10
『よろとしふれは まかるの ここなのことく かほるなり』ミ逸
『いのはらの はたねはらむ ひたちをひ おひぬつるきの たからふるなり』フいはら
『いのよろの たねはよわきも なかはしら もろもつくみも いよろなるへし』フいよろ
『ふのやまに おもひつくの とりゑなみ みにいたつきの いるもしらすて』フふやま
『へにぬうは まつりとるの むらさきそ いさめつくせは たみそぬいける』フへぬう
『すのおれは けかれおとかむ みのやみも ほつまにあくる にけやおそれん』フすおれ
『しのはらは かみのふしみの たまくしお あみのめくみの みやこたつなり』フしはら

【御・上・髪・神・大・斎・敬】正の方向に離れるさま。上位。

『あまてるかみの みかかみお たしてみくさの みたからお』ホ序
『たしてみくさの みたからお さつくみまこの とみたみも』ホ序
『そのみなお うほひるきとそ たたえます』ホ3
『ともにあれます みかたちの まとかのたまこ いふかしや』ホ4
『たみのてふちの よろこひに つかれもきゆる みめくみや』ホ4
『みくまのの みやまきやくお のそかんと うむほのかみの かくつちに』ホ5
『のちかえまさん みてくるま ととむるたみお あわれみて』ホ6
『ますひとか たみのさしみ つまとなす』ホ7
みはたより さおしかにめす かんさひと こくみははこと』ホ7
『ひにむかつひめ のたまふは なんちらゑとか みけひえて』ホ7
『いはとおなくる たちからを みてとりいたし たてまつる』ホ7
『ひめおゑんやと いやといに みなはたれそと うらとえは』ホ9
『みくさゆつりみうけのあや』ホ11
みうちのいわひ ととのひて かみにみつけの かんつかい』ホ11
『なこそしる ふつのみたまの ささむかひ かゐのはまくり あふみをちホ11
みうたつくれは そめふたお さつさもちゐに つけなくる』ホ12
『ときにみとひは さきにみつ あひせんつるお うほきみか とめてまねなす』ホ13
『てこにいれきて すすなしる ももたくはえて みあえなす』ホ15
みゆるしうけて おかむのち ふたきみかえる もとつくに』ホ16
『あるひみとのに みあえして こもりおまねき ものかたり』ホ16
みまえにもふて つつしみて そのおのころの ゆえおこふ』ホ18
『とほこもて さくるみほこ したたりか こりなるしまお おのころと』ホ18
『うえつきゐもの のちのはつ ゐもつきあまの まさかきお きみのみわさと』ホ18
みつほまなゐに のりみゆき しはしはまつり きこしめす』ホ192
みかかみお こやねにたまひ みつるきお こもりにたまひ のたまふは』ホ24
やふさみくるま つきこやね かこむまやその もののへら』ホ24
みかしはささく あしつひめ ひとよめされて ちきりこむ』ホ24
『ひおけして ひめひきいたし みこしもて みやにおくりて いせにつく』ホ24
みところに すわかみあえは すはしりて さかおりみやに いりまして』ホ24
『ちよみくさ みはもにしみて さまうつす』ホ24
『ときにつくしの をさまらて みこみくたりお こふゆえに』ホ25
『いささわけより みつほまて みかえりあれは あまきみも とみもよろこふ』ホ26
『をにふにいたり みこいたき みめみてなてて はははいま』ホ26
『つくらせて いとなみなりて みやうつし みくらいにつく』ホ27
みふれによりて もふさくは ひゑのふもとに ひめありて』ホ27
みをしゑに みもろのそはに とのなして こえはたまわる もふけのこ』ホ27
『みよのみははこ みをしてと なんちかすかよ のこしもの』ホ28
みもすその さこくしろうち あらためて あまてるかみの うちつみや』ホ28
『あみこみつから もろひきて みふねのいたる はやすいと』ホ29
『いまあまきみの くらひなる むかしはみうゑ わけさつく』ホ30
『ひのをみは しるしのみはこ たてまつる あたねはかかみ』ホ30
みしるしは きみのみにそえ みくさとも うちつのみやに をさめます』ホ30
『はらみのためし うちみやと たたゆもとなり みかさりお たみにおかませ』ホ30
『つくしより みゆきおこえは みかわりと なおりなかとみ くたらしむ』ホ31
『すそのやつうみ みつうまり やくれとなかは かわらしと みつくりのうた』ホ32
『あけなはきみの みすかたお みんととむれは かみのつけ』ホ34
『かよみおしふり ねみかかみ みそこたからの みからぬし』ホ34
『かよみおしふり ねみかかみ みそこたからの みからぬし』ホ34
『おもえはなんた ふくそてに あふれてみかお うるほせり』ホ35
『わかこをやこか ともなひて うすめかみくし あくるとて』ホ36
『きみにもふさく やつかれは とつきこのます みあらかに めすもよからす』ホ38
『かんかしひめは ひとのかみ みつかひききて しつやまの さかきおぬきて』ホ38
『きぬにあさむく ふたむすめ めしてみもとに めくみなす』ホ38
みあしいたむお ややさとり おはりにかえり みやつめの』ホ40
『ときにおもむろ なるいとり いつれはもろと みささきの みひつおみれは』ホ40
みをすえは きぬふたなかれ よたけやた みこみをすえに すかりゆく』ホ40
『きみもなんたに とらかしは さかきみすかた たてまつる』ホ40

【実・幹・味・真・央・中】同上。 源・中核。心。本質。原理。実体。本体。正味。真骨頂。本命。

『はこくにのかみ ひたかみの たかまにまつる みなかぬし』ホ2
『あめのきと みはしらのみち たてまつる』ホ3
『かくみこころお つくしうむ ひひめみをかみ』ホ3
『かんなおひ おおなおひかみ うみてお いさきよくして』ホ5
『あもにふる あかみのかさゆ しむのみき みちひはさまて あらふるおそれ』ホ9
みのちりひれは かはきえて たまふをしては ひかはかみ』ホ9
『このうたお みはらにこめて つくるへし』ホ12
『たみはたはたお をさむれは やはをせのそ』ホ13
『ひはあめに つきはつちもる よめのは よをとひとりに むかふひそ』ホ13
『くらむすひ ととめてしかる わかこのみ にすてのつらお みかかせ』ホ13
『またとわく ひはをにかえり みつはめに ひとはひとみに かえらんか』ホ13
『まれにうまるも まつしくて やつことなりて おしのき ひとたのします』ホ13
のすかなれは かみこころ めくみてはなに みおうるそ』ホ14
『またみほひこか みそむこお ひたすこころは みにこたえホ14
『こころはの むはしそそきて おしらけ ひをねにかえる かんかたち』ホ15
『おもえいのちは みのたから ことわさもせな』ホ15
なるをのこは ひのみたま まつこもりくの みはしらに』ホ16
『これてひとみお いたかんと まろめてわたり ふたたたる』ホ17
『みなるひのあは なかみなる くらやめのあは かにやめる』ホ21
『そのなかに よこきくものは おのかに あわねはみちお さかにゆく』ホ23
『こもりその みくさすすめて これおたす とはましわる ひとみくさ』ホ24
『そをのはて かこにこえとも ひめもすに つきすむまても みおつくしホ25
『ういのゐつねは とてあし とめのみつねは あめつちと』ミ10
『ふのやまに おもひつくみの とりゑなみ にいたつきの いるもしらすて』フふやま
『をのこけは みちにさまよう のすみか わさもやまいも こけやたすらん』フをこけ

【御・上・神・実・霊】同上。 実体。本質。本源。霊。魂魄。心。 =たま

『ともにあれます みかたちの まとかのたまこ いふかしや』ホ4
『いるやもうけす かみのやは かならすあたる はたれみの わさやあらはす』ホ8
『てくるまのうち せおりつめ あめのみかけに あきつめは ひのみかけさす』ホ8
『をのこほしくは あくりなせ わかみおそゑて ゑさしめん』ホ14
『ここなひつきの みたねゆえ くえはめのたま あきらかに』ホ15
『みやつやなりて そふのかみ すかたかむすめ みきさきに』ホ20
みもろのやまに ほらほりて あまのさかほこ さけなから』ホ23
『うたすみさかも おおさかも かわせさかみお のこりなく』ホ33
『あまかみまねく みはしらき にこころうつす うつわもの』ミ10
『たらちをの いきひにみうく そゑうたは ひのてのかせの なるいきす』ミ10

【実・全・満・真】同上。満ち至るさま。100%。完。すべて。全体。

みのはなも ひともうつれは ちるはなそ たれさしうらむ ひともなし』ホ16
かたちとつとめ みちとみと よつのをしえも たたひとち』ミ1
『かれにいまとく よかのはた したえはういに みおをさむミ1

【水・瑞・蜜・密】同上。至り。純粋。

『とよけみつから そきして やちくらちきり ぬきんつる いつち』ホ4
『あらためかえて ひとふるに みかめもきよく まもるへし』ホ22
『もしもみわさの あらんとき すへやますみの あらはれは』ホ22
『くまのよろきの たにせんと おおたみしまか いかわなす』ホ24
『へのよろは ほこのしつくと みなれくさ こふもうみへに なれやよろこふ』フへよろ

【高・上】同上。たか(高み)・か(上)の略。

『をさむゐつよの みむすひの ゐみなたまきね もとあけお うつす』ホ4

【廻・回・巡・周・耳・辺】「みる(回る・廻る)」の名詞形。回ること。周り。周辺。

『しいるいさめの おそれみに かくれすみゆく すゑつお』ホ序
『ゐのくちの すくなみかみの たけかふに みきつくりそめ すすめけり』
ホ2
『へねめおこほの なそらえは ひとのへなみの あまのはら』ミ10

【陰・卑・惨・没・水】負の方向に離れるさま。陰。女。暗。月。地。世。=みな

みとのまくはひ なしてこお はらみてうめる なはひるこ』ホ3
『つちかふは みのあしはらも みつほなる たみとなせとみ とみとなれたみ』ホ17
『ひめあほきはち つきおるに はしにみほとお つきまかる』ホ34
『としおこゆれは たらちねの よそふみそみの をゑくまも』ミ1
『かつめかみ みちをかえして ひおこえは みひきおまねき』ミ7
『すのゆんは きのうつたまと みのはこと かはいよこまお きわむほきなり』フすゆん

【穢】同上。 汚穢。隈。枯。朽。 =みな

『ははのに すてところなき よのくまお わかみにうけて』ホ5
『かわあひののに おほみやお たててまつらす ひかわかみ』
ホ39

【馬】「ま・め」の変態。

『このかみは とよけのまこの みかさひこ そのこひさひこ かしまかみ』ホ191
『そのみつつきお はにゆひて てつきおこしに はさみおふ』
ホ192

【箕・見】合わせ。収め。器。杯。

『もとちはたれは たちおちに ひとみにもれと なおいかり』ホ25
『しいねつひこは みのとかさ おもつうかし をちうはの たみのすかたて』ホ29

【海】「うみ」が約まったもの。

『みふねかつさえ あほのはま みさこゑはむお たみにとふ』ホ40

【ミ】八元神「トホカミヱヒタメ」の「ミの尊(ミの神・ミ祖・ミ元神)」。

のなめは そのめたえにて かみなつき うめしりそけて しくれなす』ミ7
はきさにすむ そのめふり をかみしりそく はつしくれ』ミ9
『かたちかせもつ みもとかみミ9

  

11/03/16

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】