なす  ナス  nasu

  

【(合す・和す・圧す)・生す・為す・成す】【(均す・平す)】
A: 合う/合わす。する。在る/現す。調える。守る。養う。定める。直す。平る/平らす。

『おとににきねは にいたなすホ序
『たれおまことと なしかたし かれにひとつお あけしるす』ホ序
かかんなす はるのひとしく めくりきて』ホ序
『あひみやお くにかけとなすホ1
『つのくゐは おおとのにゐて いくくいお とまえにあひみ つまとなすホ2
『ひとくさの みけもこかひも みちなして わいためさたむ いさおしや』ホ2
『みとのまくはひ なしてこお はらみてうめる なはひるこ』ホ3
『いさなみは よのくまなすも わかをゑと』ホ3
『もろかみの かみはかりなす たかまにて』ホ4
『たかみむすひと くにすへて とこよのはなお はらみやま かくやまとなすホ4
『いつるわかひの かかやきて しらやまひめは うふゆなすホ4
『よのくまなせは ははのみに すてところなき よのくまお』ホ5
『うるわしや かくなささらは ちかふへお ひひにくひらん』ホ5
『やそきねのおと かんさひお ますひととなしホ6
『こそよりむかふ そさのをと あまのみちねと かとてなすホ6
『ますひとか たみのさしみめ つまとなすホ7
『またもとおとふ こたえいふ よよのとみゆえ ことなせり』ホ7
『もちかくらひめお かんさひのこの あめおしひ めあわせすけか あにとなし』ホ7
さすらなす ふたさすらひめ いきとほり ひかはにいかり なるおろち』ホ7
『さすらひの ひかわにやるお ますひとの わかとみとなすホ7
『そさのをに なんちきたなく くにのそむ みちなすうたに』ホ7
『うむそさのをは たまみたれ くにのくまなす あやまちそ』ホ7
『はたれしむみち なすわさに やまかわあふれ』ホ8
『よもよりかこみ いそらかみ ついにしはりて つつかなすホ8
『さすらても はたれもはなけ みつたらす かかんなすかも てたてつき』ホ8
『うけのみたまお まもらせよ もしもたかはは すみやかに たまたちなせよ』ホ8
『なんちやつこと なすへきや なるやといえと ものいわす』ホ8
『きらんとすれは いふきぬし ととめてこれも ちかいなすホ8
『あいゑることは のちのまめ いさおしなせは はれやらん』ホ9
『きみくしきねお ものぬしに たけこおつまと なしてうむ』ホ9
『うつしくに やめるおいやし とりけもの ほおむしはらひ ふゆおなすホ9
『たかひめお たかてるとなし わかうたの くもくしふみは おくらひめ』ホ9
『したてると なしてわかくに たまつしま としのりかみと たたゑます』ホ9
『わかちちさらは もろともの かえことなせは』ホ10
『めとるちちひめ あひともに つねむつましく みやひなせホ11
『しめひきわたし みそきなせ おにかみしはる うつわもの』ホ12
『あまかつに かみたまわれは もろはたれ さはりなすとも』ホ12
『このあまかつも こころあち いれてなすなり』ホ12
『かすかはおなし ひたにます みきはひたかみ うおきみと かるきみをきな』ホ13
『さきにみつ あひせんつるお うほきみか とめてまねなす これいかん』ホ13
『やめるかをやに かなわぬは おとにつかせて あことなせホ13
『みさほおたてよ ゐものみは をせのおなかに おることく なせはみさほそ』ホ13
『くにもりたみの さとしにも つくまなさせる いせのみち』ホ13
『ふたよむすひの もよろほき ゆきてたまのを なすおきく』ホ13
『こおもてよ もしつまうます たねたえは めかけめおきて たねなせよ』ホ13
『いんしあまかみ ほしとなる これはのりなすホ13
『たまかえし なせはをとけて みやにいる なさねはなかく くるしむそ』ホ13
『たまかえし なさはくるしむ たまのをも とけてむねかみ みなもとへ』ホ13
『こことむすひか かかんなす かすかわかひこ みはしらお』ホ14
『ををものぬしか のんなして よろきみほひこ ゆふはなに』ホ14
『ひとことぬしか てんなして かたきやすひこ ぬさくして』ホ14
『をのこほしくは あくりなせ わかみおそゑて ゑさしめん』ホ14
『またやすひこは やすやすと とりあくことお わさとなせホ14
『みしほおあひて みそきなす とものくすひか いふかさお あめにもふさく』ホ15
『ちちみかと やふさくるまの みゆきなす かみもけかれの あるやらん』ホ15
『てるあらかねお たたらなし ふいこにねれよ』ホ15
『てこにいれきて すすなしる ももたくはえて みあえなすホ15
『つるきおぬきて うちころし かえことなせは ををんかみ』ホ15
『あめのみち なすひとかみに あひもとむ ゆえにここなし めつむこれかな』ホ15
『われねかわくは かんつきみ はしかけなして たまわんや』ホ16
『いまそのきみの ことなさは われももふける このことく』ホ16
『われももふける このことく なかおなさんと ひたかみえ』ホ16
『なつきちおにて ゐいろはに これくらわたと あふみなす ここもつつしみ』ホ16
『こもりまた せおりつひめの つつしみに たみのなすわさホ16
『こたねうたれて なかれゆく あるはかたわと なすいそら』ホ16
『ねたむそのいき ひよろみち むれてうろこの おろちなすホ16
『てれはひめきみ さはらねと いきすひたちと なすおひそ』ホ16
『いとふそよすち よりあはせ めをはふたえの みはとなすホ16
なすゆえしらす あめのはお きるもおそれて くちんとす』ホ16
『はらおひなせは みのいきす ひたちとなりて ひめのとひ うむときいかん』ホ16
『こもりみて つるきおおかみ いたたけは みかつちえみて くらなして』ホ16
『われはのちやに ふつぬしと ひたちおひなし さつけんと』ホ16
『かすかとの たまかえしなす おくのりも こやねにさつく』ホ16
『とみらひめもす うまなくて をしゑおつねの わさとなせホ17
なすことなくて かなしきは よそはよろこふ しむのはち くやめとかえぬ』ホ17
『ひとにおけらは かきりなし なかくつちかふ をしゑなすへき』ホ17
『せくくまり ぬきあしなすも つちのかみ めくみによりて またつけす』ホ17
『むたひたたかひ なしたれと まさくることは いかならん』ホ17
『こころはあしき わさなせは みやひなかこに つくあわれ』ホ17
『それこころみに わさおなせ われはやのそく みやひあり』ホ17
『あらたけに よるひとも をとろそそかん ちかひなすホ17
『いろほしも みちもてなせは あやまたす よこよらはやむ』ホ17
『みなかぬし やおもにうめる ひとはほし ほしはたねなす みをやかみ』ホ18
『みこうひちには ももひなに さいあひなして まさかきお うゑてかそふる』ホ18
『つのあるなきの けたものお のりむまけれは むまとなしホ18
『かくそみこころ つくしもて たみもゐやすく なすくにお おのころしまとホ18
『とよけのかみの をしゑには のりはちみちお つねとなすホ191
『いなむしか ひみつのなせる わさはいも はやのりなして のそくなり』ホ192
『たえなるわさお なすたとえ あめつちつなく なかくしの』ホ192
『なかくしの いきにつきひの なかみちか はるあきとなす みをやかみ』ホ192
『かくなせは すてにまかるも よみかえる ふるのことそと みことのり』ホ20
『みきさきに なしてうたよみ かたかきの ことおたのしむ』ホ20
『もろはかり ついにうつして あすかかわ くるわにほりて みそきなすかな』ホ20
『ねかわくは ひとなしたまえ ものぬしか もふせはみまこ みことのり』ホ21
『ゑとのいくしま たるしまと かみなたまえは もりもなしホ21
かになすのあは かにそこね あきらかのあは にのよろし』ホ21
『あめよりくたす ひよみかみ ふたかみこれに やまさなすホ21
『きはさかしまに かしらした かれむねおもて やねとなすホ21
『むのをして のきよりむねに ておあわす むつきねとなすホ21
『みつとりの ほのしつめなす しきかもゐ ここにたつたの かみゐます』ホ21
『つくはより うつりますひは をこぬしの ふそゐもののへ かしはなすホ21
『おおなむち ひとたひおちて ひすみきみ そのこものぬし まめおなすホ21
『これなんち もりはなるるお われこふて またもりとなすホ21
『にゐみやの しきますくにお いかすりて ひとふるなせよ』ホ22
『たとへなるかみ くにゆるも いつわさなして しつむへし』ホ22
『なかれおふかく なすことも つねにゐせきお まもるなり』ホ22
『いさきよかれと かんほきに ほきのりなせる かなきゆひ』ホ22
『ちゐものあしも みなぬきて たとなしたみも にきはえは』ホ23
『さしおけは ついにはよもの みたれなす これみなもとお たたさねは』ホ23
『これみなもとお たたさねは おおみつなして ふせかれす』ホ23
『ゆふぬのきぬお そめかさる これなすひとは たかやさて』ホ23
『ときほこふらは すみやかに とほらんものと つるきなすホ23
『てれはすへらの よよのかき おのかをなりと ちかいなすホ23
『こもりとは よよむつましく きみのため なかこひとつに まめなさん』ホ23
『ついにたかのお たとなせは ゐとせのうちに みつほなる』ホ24
『ふたゑけふ みあえおなせは かといてに みはたのとめの をんふみお』ホ24
『まこかなす いとうけすてめ あかかたに くろそのつみと うむみこお』ホ24
『みねこしつくり こおそたつ いまここにきて まみゑなすホ24
『みちみのももお たまわれは はなみのももは まれなりと くにつとになすホ24
『くまのよろきの たにせんと おおたみしまか いかわなすホ24
『こたえいふ かみのみまこの みゆきなす うかわかりやに みあえして』ホ24
『およふみよたに はたとしに さらえなせとて さかおりの みやにいります』ホ24
『あつかりの おおやますみか みあえなす みかしはささく あしつひめ』ホ24
『ものぬしひとり ひたかみの いせきなしなし ひすみまて』ホ24
『よろくひいわく わかきみの やまおやふさの ゐゆきなすホ24
『おおちおとろき われたとひ あらたなすとも これしらす』ホ24
『きみはまことの てらすかみ よよのみをやそ まめなせと』ホ24
『さとにわたりて あらたなす こしにもとりて いせきなすかな』ホ24
『おおやますみは ゐつさきの かりやにむかえ みあえなすホ24
『かしはなすとき あしつひめ いめはらめりと もうすゆえ』ホ24
『いせにつけんと よそひなす ときにそのはは あねつれて』ホ24
『ひめはすそのに うつむろし めくりにしはの かきなして』ホ24
『われさきに はなおかさして かけとほる これゑなのあや いみななすホ24
『みやつくりして おわします なつめのかみか うふきなすホ24
『ひとなりに さくらきかにの くさなせは すせりくさにて かにはきて』ホ24
『とりたすきとて はにゐます こもりゑになすホ24
『このあきみつほ ちからなす かれやまはとの みはとなすホ24
『わかむすひ このこおくわに いとなせは ここりひめゑて みはささく』ホ24
『ここりひめ あやにおりなす とりたすき あめにささけて』ホ24
『ふよろやちへて みそすすの こよみなすころ くにのなも』ホ24
『たははこね ふたゑめくみそ かにめてる きみはかもなし ふたもなしホ24
『ひろさわお おおたにほらせ くにとなす あまねくとふる ほつまふり』ホ24
『ゐよのいふきは あめやまに うつしたおなすホ24
『かくやまうつし みやのなも はせかわほりて あすかかわ ふちおたとなすホ24
『むかしくしひこ いさめしお あさけるけかれ みそきなすホ24
『あすかかは おおやますみは これうつし さかむのおのに あらたなしホ24
『ものぬしは ともなすゆえに みそくいお そえものぬしと はらのもり』ホ25
『きみはみつから みかりなす にしなかくにの やまおもて』ホ25
『にしなかくにの やまおもて いせきつつみに あらたなすホ25
『またやまかけも みめくりて ところところに いせきなしホ25
『つくしあまねく めくりかり いせきつつみに あらたなすホ25
『ゑはゆみやとり やまにかる とはうみにいり つりおなすホ25
『しかるのち さきのみゆきの いせきみな みこころそえて にいたなすホ25
『かもおして きたつにゆかん わかために うふやおなして まちたまえ』ホ26
『かえことなせは きしとひて つくるつくしの はてすみと』ホ26
『みたねおもえは たけこころ なしておよきて なからうる これはいきしる』ホ26
『きみとひめとは ひとつきと むつましなさん もふすとき』ホ26
『かといておくり みゆきなす きみえををきみ のこしこと』ホ26
『とよたまは わけつちやまに もはよそや としのまつりも みあえなすホ26
『みほつにとえは うたなせと かれうたよみて みほつめか』ホ26
『これのさき あねたまねひめ はらをきみ きさきになして』ホ27
『たまねひめ くにてるみやと たけてると うめはなつめか うふきなすホ27
『もにいりて しらにわむらの みはかなす のちにとくさの ゆつりうけ』ホ27
『さきにみこなく かくやまか あめみちひめお ゑゑなして』ホ27
『あにたくりかこ たくらまろ なおことなせと はせひめは』ホ27
『まこのしか ほわになすなよ かなさきは おかめおつくる そのまこの』ホ27
『よこへつうちに たておわけ やみちのとこは あかりなすホ27
『よつきふみ ありとてあまの おしくもに のりしてよつき やしろなすホ27
『たまよりは もまつりなして たたひとり わけつちかみに またもふて』ホ27
『あるひまたいて みそきなす しらはのやきて のきにさす』ホ27
『わけいかつちの ほこらなし つねにみかけお まつるなり』ホ27
『もろかみこえと まいらねは さおしかなされ しかるへし』ホ27
『これをして とよへるはたの つつねにそなせホ27
『ことしろぬしか ゑとのこの くしみかたまお こいうけて つきとなすへし』ホ27
『みをしゑに みもろのそはに とのなして こえはたまはる もふけのこ』ホ27
『たねこらも ゑとむそうちに つまいれて よつきおなせよ』ホ27
『みくさのたから あつまりて みをやとなすか ほつまそと』ホ27
『このよしお たかにつくれは もにいりて ひうかのかみと まつりなすホ27
『たみに をおととけ あわおつかねて ひつきなす もすそおくめと』ホ28
『まつりのあやお みつそめて ひとつもちゆき ひよみなす ふたゑにさつけ』ホ28
『こよみなは いかかなさんや ときにひめ たらちをかみに かりいわは』ホ28
『たとひおちても なうらめそ かけのまめなせ このめてる』ホ28
『このゆえに みまこにめされ まめなせは ついにかかみの とみとなる』ホ28
『みこしなし あすひらおかに おくるとき さるたかこえは ゆるされて』ホ28
『みもすそとえは さるたひこ むかしはたれお やふらんと みそきなすとき』ホ28
『さるたひこ たたらなすおは みにいたり そこてひめうむ』ホ28
『おおたおは ひうかかんとの そえものと なしてむすめの みらひめお』ホ28
『さきにをしての こたえつら きみすみやかに みゆきなせホ29
『うさにいたれは うさつひこ ひとあかりやに みあえなすホ29
『つつかなく ゆくあらさかに いそらなす にしきとこはみ をえはけは』ホ29
『かれにみちをみ さかすれは あたなすことお おたけひて』ホ29
『おとはもてなす きみとみも よしのをのゑの ゐひかりも』ホ29
『かくやまの はにのひらてに ひもろけと かみのをしえに なさんとす』ホ29
『ゑしききき いとうなすかみ をゑぬとき あたからすとて ゆみひけは』ホ29
『ほしのつかひは あめとみと いんへたまわり みそきなすホ30
『よそほひは あひらつひめと わにひこと とはすかたりお なしはへる』ホ31
『またわさたまは わにひこそ かれおおなむち つきとなすホ31
『つくるをしかと いなおりの はらひかせふの まつりなすホ31
『みあつくなれは にきはひて かれにほつみの まつりなすホ31
『またあまきみは ひこゆきお まつりのをみの すけとなすホ31
『いろきねの とこねつひこそ かれうちお おおすけとなすホ31
『みやにいて まつりこときく とみわけて うきあなのかみ みあえなすホ31
『わかみやかみに つかえんと もはひとほまて みあえなす いきますことく』ホ31
『むそやとし むつきそよかに おしひとお わかみやとなすホ31
『ほをむしお つくれはきみの みつからに はらひかせふの まつりなすホ31
『かれよみかえり みつほあつ よりてほつみの まつりなすホ31
『もときねお よつきとなして みてつから みはたをりとめ さつけまし』ホ32
『みこのもは よそやにぬきて とみととむ むとせたつまて みあえなすホ32
『あわくにみおに たなかかみ はれおいのりて はらひなすホ32
『おおなむち いつもたなかの ためしもて みなつきそむか まつりなすホ32
『はれおいのりて かせふなす これおおなむち たなかのり』ホ32
『へそきねか やまといけすに みあえなす めのいかしこめ かしはてに』ホ32
『ををんかみ あめのみちなす よよのきみ つきうけおさむ あめひつき』ホ32
『しなかおいちお おほやまと くにたまかみの いはひぬし なさはむけへし』ホ33
『めつきはつひに いきしこを やそひらかなし これをもて』ホ33
『かみあかめ かみなふみなす かんへして やもよろかみお まつらしむ』ホ33
『いくひかさけに みあえなす きみのみうたに このみきは わかみきならす』ホ33
『これつみひとの しいととむ ゑやみなすゆえ』ホ33
『おれかれの をとくまつりお はしつかに なせはかかやく のりのいち』ホ34
『つきしることの ゆめすへし ともにゆあひし ゆめなして』
『むそゐほふつき みまなくに そなかしちして みつきなす
ホ34
『ときにさほひこ いなきなし かたくふせきて くたりゑす』ホ35
『きさきとみこお たすへしと あれといたさす やつなたか ひせめになせは』ホ35
『ちからくらふる かみののり すまいのさとに はにわなしホ35
『やまとひめより これおつく きみよろこひて にきてなしホ36
『はしものお いけるにかえて みささきに うえてためしと なすへしや』ホ37
『ともにゆく みをやのかみに にきてなし たてまつるわか』ホ37
『ふかかあひ みてくらおさむ みをやかみ やましろふちか みあえなすホ37
『かみかかすかの いちかわに つけおさめしむ にしきみこ つかさとなせるホ37
『みつからに かせふのまつり なしませは やはりわかやき みつほなる』ホ37
『ふそひつき へてしはすもち うすはたに もちはななして ふたこうむ』ホ38
『ひそかにめしつ ととまりて かえことなさす ことしそひ たけはやたなり』ホ38
『もろうたは くもらおそれて かくれんと つはきおとりて つちとなしホ38
『きぬにあさむく ふたむすめ めしてみもとに めくみなすホ38
『おさいわく むかしあめみこ みかりのひ ここにみけなしホ38
『とりいしかやか かわかみに たけるのやから むれよりて やすくらなせは』ホ38
『ときにすへらき くにむけの いさおしほめて たまものなしき』ホ38
『ふかくはかりて いつにふせ めくみになつけ ほつまなし』ホ39
『たけうちと かたりあわせて ほつまくに かくもとひこお みになして』ホ39
『あたやから よもにたききお つみあけて なそかひてりに ひせめなすホ39
『ひてひこと いきすおとひこ かねてまつ おおかしまより みあゑなすホ39
『あまてらすかみ こよみなし そろうえさせて かてふやし みおたもたしむ』ホ39
『これおりかえに あひつあり かれうちとるお よしとなすホ39
『くしとおひ うれはなけきて ひめのため つかりあひきの まつりなすホ39
『これそさのをの おろちおは つかりやすかた かみとなしホ39
『あしなつち ななひめまつる ためしもて かたみおここに つかとなしホ39
『ゆくすくみちに いふきかみ をおろちなして よこたわる』ホ40
『そこここに なすみささきの しらとりも つひにくもゐに とひあかる』ホ40
『しはすのもちに もちつきて もちはななして ふたこうむ』ホ40
『こうすかむけし くにめくり なさんといせに みゆきなり』ホ40
『いわくいかんそ くにのそむ あめのりなせは くにのかみ』ホ40
『あつまちえ ゆけはさかむに みあえなす ましてしおかみ』ホ40
『かみすかた おほやまみねに やしろなすホ40
『むつかりか かまたすきして とるうむき なますになして すすむれは』ホ40
『よそあやなして くになつに しめせはたかひ みかさふみ』ホ40
『こやねこたえて きつのなお をしえのはつと なすゆえは』ミ1
『このはやかれの いたみおも ちおゑしなすか わすれくさ』ミ1
『あまかみの くわにめくらす はらのなの にかきにかたち かたくなしミ4
『みをやことのり ほしとなす あめにかかりて このひとつ』ミ5
『はるみやと なすはいきいく はるこころ たみいつくしむ みをやなりけり』ミ5
『あめのみをやの なすいきは きわなくうこく あもとかみミ6
『はおめくり ありさまなせは つきのみつ うみとたたえて』ミ6
『みなかぬし およひゑひため とほかみも あめにくはりて ほしとなすミ6
『あにかえり さこくしろにて みことのり みなほしとなすミ6
『もろほしは あめにかかりて またらなす つつゐはもとの いろつかさ』ミ6
『あなれかみ ねこえさつけて みそふかみ みめかたちなすミ6
『ゐくらむわたも そのかみの そよたてそなえ ひととなすミ6
『みをやかみ みてくらそむる はるあきの いきはくたより さきりなすミ6
『このはかまろは はひきなす なまろくろまろ あすはなすミ8
『たといきねまに さはなすも へらよりきたふ かたたかひ』ミ8
『ささおけとんと もちやきて かゆはしらなす かみありの かゆふとまにや』ミ7
『はのふめもりて あふみまつ ふめにやわして かせとなすミ7
『みのなめは そのめたえにて かみなつき うめしりそけて しくれなすミ7
『かつらきの てくるまなして むかえんと はらみやまとに つたゑよる』ミ逸
『いまよりむちの ことなさは われももふけの このことし』ミ逸
『あのねせは ことしろぬしか みほのつり ちちかすすかの みそきなすまて』フあねせ
『あのこけは よこやしるやも はさらなせ あこけくるまの めくりあらねは』フあこけ
『いのねせは のりにあふるる あおめらや わかめのなたも ゑもりなすらん』フいねせ
『いのゆんの あたはたちはな めはさくら やむもしなとの いゆんなすなり』フいゆん
『ものこけの むしはなかみの ふくろとり さなゑまつりに さるたなすかみ』フもこけ

 
変態:「なつ(撫づ)」「にす(似す)」「あつ(当つ)」「わす(和す)」「のす(乗す)
派生語:「なさけ(情)」「なそる(擬る)」「なしむ(馴染む)
ここなし(菊菜)」「ゑゑなす(結和す)」「もてなす(持て成す)」「なす(薺)」

 
 

【(離す・放す・発す・退す)】【(傾す・斜す・捻す)】
B: 離れる/離す。放つ。掃う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

変態:「ぬす(盗す)」「あす(褪す)」「わす(忘す)」「ます(申す)
派生語:「はなす(放す)」「いなす(往なす)」「いなさ(風)」「なすひ(茄子)

 
 

【済す・鳴す・(擦す・撫す)】
C: 回る/回す。行き来する/させる。返す。改まる/改める。直る/直す。巡らす。恵む。

『いなしこめきお そそかんと おとなしかわに みそきして』ホ5
『おふかんつみは はにしきて まつるやつくり しこめなし
ホ21
『もろなさす ひとほしよすな きみのうた かえしもふさく』
ホ39
『かなまろの ななのきたひの いくしまや たるしまかみと ふきなするミ8

 
変態:「なつ(撫づ)」「たつ(回つ)」「さす(擦す)
派生語:「なする(擦る)」「なしる(詰る)

 
 

【(熟す・果す)・成す・済す】
D: 正の方向に離れる/離す。「高める・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・勝らす・至らす」

『まつりさつけて ことなすお ははにしたえは ひめかうむ』ホ7
『ときにもも ねかわくはかみ ひとになし たまわれとみな まかれけり』ホ8
『われふたかみの みちおなす わかこつらつら みちゆかは』ホ11
『さつさはらをひ ゐわたなす なかくたとほる』ホ14
『ちちよろこひて はふたゑお みたけのおひと なしたまふ』ホ16
『あつくをしえて ひととなす をしえてもなお さからはは うちほころはせ』ホ17
『つちかふは みのあしはらも みつほなる たみとなせとみ とみとなれたみ』ホ17
『ゐゑもさかえて そろふゆる みつほとなせる かみうたそ』ホ17
『うのとりの あつみかわゆく いかたのり さおさしおほえ ふねとなすホ27
『われあれはこそ なんちその おおよそになす いたはりそ』ホ27
『みもろかみ われあれはこそ おおよその ことなさしむる さきみたま』ホ31

 
変態:「ねす(熱す)」「のす(伸す)
派生語:「ここなし(究熟・菊)

 
 

【(退す・萎す・鈍す)】
D: 負の方向に離れる/離す。「低める・勢いを奪う・劣らす・縮小する・静める・果てさす」

変態:「ねす(寝す)

  
 

【薺】
改め直す草。

『こけふはこへな いたひらな すすなすすしろ すせりなす なみそにのそく』ミ7

 
「なす(済す)」の名詞化。
ここでは「C: 回す・返す・改める・直す」などの意。

変態:「なつ(薺)

  

10/03/12

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】