ヨ  yo

  

【四】寄す。合わす。熟む。

『ゐくらむわたを ねこゑわけ ふそにかよひ よそやこゑ』ホ1
『をはきみの くにをさむれは きつをさね よもとなかなり』
ホ1
『しかれとちちは すすそほ はははみそひほ あめのふし』ホ3
『ゐのうた ことおむすはす ことあけも めはさきたてす』ホ3
『さるもももくら ふむかゐそ つかむのむそて もそくら』ホ7
『はなこのもさ つくのゑは さかおあかせよ』ホ7
『なかつきはみめ しむそよへ こゑのよそやち あわのかみ』ホ14
『はなもみも あめのままなり みつはくふ ふはくわぬそ』ホ15
『みつきなれて いつかけも なれといそくは あやしあり』ホ192
『こやねとは かすかとののこ くしたまは みむすひのこ』ホ20
『なかつはしらの ねおかかえ またよところの もりもかね ともにまもれよ』ホ21
『ゆふのはは たていとやもり をさよもは やそりひとよみ やりひとて』ホ23
『このゆえは あやにしこりは おさはやも ひとはにたり みちふもり』ホ23
『ねはこねうすき くきひとり ゑゐはひとみ こしろはな』ホ24
たりのすけに うちめと おしも そゑて つきのみや』ホ28
『さきにみこ みたりうむとき しなのより よしなあかたの ぬしきたり』ホ28
『つくしのたねこ もおをさめ よかみまつりて あうゑもろ』ホ30
よみちのいく さ たつへしと すえふかにたつ よものをしゑと』ホ34
『おもてつらね まめみさほ まてにかよはす うらつれ』ホ39
よのつめなそこ つすふつめ ゐのつめこそこ つすつくも』ホ39
『きつよちのあや』ミ1
『かれにいまとく よかのはた したえはういに みおをさむ』ミ1
『としおこゆれは たらちねの よそふみそみの をゑくまも』ミ1
『くにみこと たひかわりて とこたちの みよはかわらす もはかりよ』ミ4

【齢・生・熟・老】よふ(熟ふ・齢ふ)から。「よわ ひ」の短縮。

『よろのよわひの みことひこ ややちよたもつ たみもみな』ホ14
『きよなおはめは ちもきよく うしほのことし よよたもつ』ホ15
『くしひこは やまとやまへに とのつくり おかんかえは』ホ23
『うまれさかしく なからえも ちはももと なりか れて』ホ27
『あめなかぬしの もはかり あめのめくりの もよとめち』ミ4
『くにみこと よたひかわりて とこたちの みよはかわらす もはかりミ4

【夜・世・穢】負の方向に離れるさま。陰。水埴。月。夜。暗。汚穢。この世。地。

『かかなえて わけいかつちの あまきみと なつけたまわる のは しめ』ホ序
にあらわせる そのふみは ほつまつたゑに まさるなし』ホ序
『いまにのこる いゑいゑの ふみもそれそれ かはりある』ホ序
『そろにみのりて ぬはたまの のかておうる おんたから』ホ1
『なかきの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよ きかな』ホ1
『いさなみは よのくまなすも わかをゑと』ホ3
『くらゐのやまの いちゐさく になからゑて さくもつは かみのほ すゑそ』ホ4
『そのまた かみゆきみれは かなまこと いれすはちみす』ホ5
『このあちお ぬはたまのよの うたまくら さめてあかるき まえことは』ホ5
のみたれ これみなそれの あやまちと おもえはむせふ はやかえ れ』ホ9
『ささきみそ とひゆふまつり からすつか やひやいたみ もおつと む』ホ10
『めはにすめる ところゑす うましみやひの ゑいにおれ』ホ13
よおをふる はしめおわりの つつまやか みちをしゆれは』ホ13
『めをおむすひて ひとこころ にかえるとき すくなれは』ホ13
『なおからされは ひとならす にありなから そのわさに』ホ13
『ひるはちのほり はなみの のほるひつきの ひとめくり』ホ14
『うけもちの かみかうけなお あにこゑは ひようるたねお わにくたす』ホ15
『やきたわけ これにひつきの ふたたまし のひとからの たかはかり』ホ17
『ひるはひとかも あきらかて はかとにこる むしはみも』ホ17
よのひつき  みこおしひとに ゆつりまし あめよりいせに おりいます』ホ192
『したはるは うわはるのおと あよみたま たかきのななこ』ホ20
『ひととせも へさるおせめは よのはちは なんちのこころ けかれより』ホ20
『みなひとよみき さいおふる むねとはしらね つちおうつ』ホ21
『くらやめのあは かにやめる おほろよのあは なかくらし』ホ21
『きみよおこめて とさときて にはりわたりは かきくもり』ホ21
『あめよりくたす ひよみかみ ふたかみこれに やまさなす』ホ21
『しなとのかせに おしはらひ もあけかたと しらすへし』ホ22
『いねやせて たみのちからも ややつきて にくるしむそ』ホ23
『みかしはささく あしつひめ ひとよめされて ちきりこむ』ホ24
『とりたすき あめにささけて またにしの ははかみやけと にのこる』ホ24
『なんちおすて みちかくや ひめはおそれて かかねとも』ホ26
『おきつとり かもつくしまに わかいねし いもはわすらし のことことも』ホ26
『おきつとり かもおをさむる きみならて のことことお ゑやはふせかん』ホ26
『わけつちかみに いのるの ゆめにたまわる たまのなの』ホ27
『またとわく よにちなむかや ひめこたえ なにものなれは おとさんや』ホ27
『ちちというとき やはのほる わけいかつちの かみなりと になり わたる』ホ27
『わかやそよろも ももとせも のたのしみは あいおなし』ホ27
『やもかみお めしてわれお いなまんと さるたにあなお ほらしむる』ホ28
にのこすうた つねにきく さをしかやたの わかかむり』ホ28
のみみの あかはあもとの さをしかに きよめたまひて』ホ28
『あすすこよみお もろうけて このよのわさお かんかみる こよみこれなり』ホ28
『わかみやその もはにいり よそやよいたり いさかわに』ホ31
『とみもおさり かりとのに をやにつかふる まことなるかな』ホ32
『むとせあき おおくにたまの かみうつし なつきそむかホ33
『あすのは あまてるかみの みやうつし とよのあかりの いろもよ し』ホ33
『こののゆめに われはこれ おおものぬしの かみなるか』ホ33
『こほやよひ もちのゆめに かみのつけ かしきほこたて かみまつれ』ホ33
『ももそひめ おおものぬしの つまとなる にはきたりて ひるみえす』ホ34
『ひるはひとてに はかみの おおさかやまの いしはこひ』ホ34
『はつきそひ かみあかりとそ にふれて きみとうちとみ もはにいり』ホ34
『われたとひ にあるとても しむかれて なにおもしろと』ホ35
『さこくしろ うちにわたまし そなかの みたけはしらお をさめしむ』ホ36
『はなむしろ みおあけみきの たわむれや ふけゑゑれは』ホ38
『にゐはりつ つくはおすきて いくよかねつる』ホ39
『かかなえて にはここの ひにはとおかお』ホ39
『あつたかみおいなむあや』ホ40
よなかまて  かくむいたり はらみやの おほまのとのに みこします』ホ40
にますことく みやすひめ きりひのかゐお もるひらへ』ホ40
『かみおくるとき おいなむ ちりひるめしと のこるなり』ホ40
『そののゆめに つしまもり しらいとりなる やまとたけ』ホ40
『なからひよよに  たのしみて つくれはかえす みはよもつ』ミ4
『としわけのは まめおいり みなおにやらふ』ミ7
『ゆみつきのは ゐのみつに ぬえあしもちか かたをゑお』ミ7
『ゑもとのかみの わかるは ゐりまめうちて おにやらゐ』ミ9

【代・節・曜・治・結・家】(1)治め。政。まとまり。系。統。連続。期間。(2)一区分。一区画。

きみかよの すえのためしと ならんかと』ホ序
『いそのはの まさこはよみて つくるとも ほつまのみちは いくつきせし』ホ序
『むそよろとしの おしりて いかつちわくる いつのかみ』
ホ序
『いまのは たたふよろとし いきなるる』ホ1
『あめななよとこみきのあや』ホ2
『かみそのなかに あれまして くにとこたちの とこよくに』ホ2
よつきのかみは くにさつち さきりのみちお うけされは』ホ2
『あめなるみちは めもあらす みつをさまる』ホ2
『ゐつのかみは おおとのち おおとまえなり』ホ2
『むのつき おもたるのかみ かしこねと やもおめくりて たみおたす』ホ2
とこよかみ きのみひかしに うゑてうむ はこくにのかみ』ホ2
『たかみむすひの ゐつかみ いみなたまきね とようけの』ホ2
『をさむゐつの みむすひの ゐみなたまきね もとあけお うつす』ホ4
『ひとりはんへる ふりまろは むやそきねの よつきこそ』ホ4
『たかみむすひの ゐつきみ ひことにのほる あまつみや』ホ4
『もろかんたちも しかときけ きみはいくよの みをやなり』ホ6
『みものぬし みこのなうた こもりこの あにはかんたち つきつみは』ホ10
おつくものは ゆつりうけ はしえてとつき むつましく』ホ13
『かすかとく むかしとよけの みことのり われみおしる』ホ13
『はつのは くにとこたちそ あめにゆき みるもとあけの もりさため』ホ13
『ふたむすひの もよろほき ゆきてたまのを なすおきく』ホ13
『くにさつち うむうけもちの やのまこ いまのかたなり』ホ15
くにとこたちの よにはまた ほこなきゆえは すなほにて』ホ23
『こころゆきすく かみのよは ますよろとしの ことふきも』ホ23
『うひちにのは おこそかに かさるこころの ことふきも ももよろとしそ』ホ23
『のちのに いやをさまれは うゑしらて おこるたのしの みつるとき』ホ23
『ほこるは あめのにくみに あめかせの ときもたかえは』ホ23
『つるきをみ すえほろふれは ものへわれ おうはわるる』ホ24
『ははちちひめは のちのお いせにはへれは ををんかみ ゐおおなしくす』ホ27
『まこのしか ほわになすなよ かなさきは おかめおつくる そのまこの』ホ27
『つるきとみ つきほろふれは ものふわれ おうははるる』ホ30
みよわのなおき いさおしに なおりものぬし かみたまふ』ホ30
『わかにあたり をえあるは まつりととかぬ とかめあり』ホ33
『なおりてやすく このみよお はつくにしらす みまきのよホ34
『かれそろあつく たみゆたか いまわかにも おこたらす かみまつらんと』ホ36
『ひしろのくまそうつあや』ホ38
『かたましものお かんつよに まつろはせよと さつけます』ホ39
『おははあたかも かみのよの よはきしそこれ』ホ40
『むへうけたまえ ありつよの あひちたにまつ きみかひるめし』ホ40
『しかれとかみよ ゐまのと ことはたかえは みちさかる』ミ序
『ひもつきもなり このほし あめとこたちと わのそひも』ミ序
『みなかぬしより ゑのみよに ましへりひたひ とのにも ことふきかわり』ミ4
『それよりそ かわるかわりに おつきて あめにかえれは』ミ6
『やつくりの のりはあまてる かみのに あめのみまこの みことのり』ミ8
『そのかみは くにとこたちの かみのに むのたみめより むろやなる』ミ8
ふそよにうめる たみくさの あなにすまえは ひとならす』ミ8
あそのよの なるかんをかも すみめかも わけやかえらん たのしきわなり』フあその

【弥・万・余・大・(世)】正の方向に離れるさま。多数。いよいよ。たいそう。
 (「世にも恐ろし」など「世」の漢字を当てる場合が多い)

『うみての きみとみのみち とのをしゑ さかりもとらは ほころはす』ホ3
にわたかまり こくみらも つかえてしむお うはひはむ』
ホ7
『ちりとあつめて にせまり うらやむものか かむゆえに』ホ13
のとりけもの いましめと あまねくふれし』ホ15
『わかつねのみけ ちよみくさ のにかなより ももにかし』ホ15
『かすかとの あまのこやねは にひいて かすかのかみと なおたまふ』ホ16
『いとまあらせて くにめくり のあしはらも みつほなる かみのみうたに』ホ17
『かれによのうち むつましき ゑとおなつけて はらからと いふもとおりそ』ホ24
『なんちふたりも なからえす いつせはこなし たけひとは よのみをやなり』ホ27
『わかみやの ときによそよろ よのまつり またみそゐよろ ゆたかなり』ホ28
よにはやるうた のりくたせ ほつまちひろむ あまもいわふね』ホ29
『かみとなること あすききて おひまかるもの みそみたり よにうたううた』ホ31
『これおふみはる わかちから にくらへんと もとむれと なくてま かるや』ホ35
よのなかに ものおもふひとの ありといふは われおたのまぬ ひとにそありける』ホ37
『すきにふき あにかひさこは のうつわ おとかなすひは すきになるなり』フすきに

【万】同上。10,000。

『およへともよほ つきこなく みちおとろひて わいためな』ホ2
『きよなおはめは ちもきよく うしほのことし よよたもつ』ホ15
『むそとしの すはゑもむもに そゑたおえ むよとしちゑに つきかるる』ホ18
『たみつうむ あそへのおかの ゐゆきやま なさとうみて』ホ24
『みなふしなひけ をさむるは やよほにたれか またあらん』ホ27
『みこころととく ひさかたや む よつむちの おをひるめ ふつくにうれは』ミ逸

【陽・男・夫】同上。陽陰の生成過程で先に上った「陽」の属性。

『としおこゆれは たらちねの よそふみそみの をゑくまも』ミ1

【好・熟・善】(心に)合うさま。正の方向に離れるさま。

『しほれてもや あかつまあわ あかつまあわや』ホ7

【揺】よる(揺る)の名詞化。ゆれ。揺(よう)。

『おのころの もしもうこかは よなおりお  おのこおのこと いのるへし』ホ18


  

11/03/09

  

 基本理論はこちら

【ホ ツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホ ツマツタエのおもしろ記事】