し  シ  si

  

【し・(如・然)】「しく(如く)・しかる(然る)」からの転。
・「」の連体形。動詞の連用形に接続して「〜する如く」の意を表す。
・また形容詞の活用語尾「し」となる。

いにしえの あめつちうひの きはなきに きさしわかるる あうのめを』ホ2
『わかひこか むねにあたりて うせにお かえしやおそる もとおりや』ホ10
いんしあまかみ ほしとなる これはのりなす』ホ13
『よのとりけもの いましめと あまねくふれホ15
『わかみみも けかるるあかお みそきせ なからふみちお よろこへは』ホ15
『そのきみの こころあおきは あおにめて きなるははなの きおめてホ16
『あわうたお よみておのころ よろものお うみはむかし』ホ18
『ひかしらは ひたかみよりそ をさまり そのやすくにの ちゐもむら』ホ23
『さきにみくさの たからもの みこおしひとに たまひは』ホ24
『むかしくしひこ いさめお あさけるけかれ みそきなす』ホ24
『みやあいて とえはやまくい これむかし きみかちおかり とられお』ホ25
『おきつとり かもつくしまに わかいね いもはわすらし よのことことも』ホ26
『みつからしるし このふみお やしろにおくは ゐつこのためか』ホ28
『むかしきさきお おかせも をやこのなさけ うちにすむ』ホ31
『はらみのやまの よきくさも ゐもとせまえに やけうせホ32
『たけひてる むかしささけ かんたから いつもにあるお みまくほし』ホ34
『のちのさかえお おもわんや たやすくたすと うらみか』ホ34
『あらみたま やよろほまち かんたから あまつひつきの さかほこき』ホ36
『これゑんと はるかにゆき とこよとは かみのかくれの およひなき』ホ37
やすみせし おとめのみめに ましわれは たつさえいるる はなむしろ』ホ38
『あめみまこ そめひみつの をんはらひ ひみつのさわり はらふへし』ホ39
『ことことく まつろふときそ うたはくに ちからはあたひ たまわりホ39
『うすゐのさかに やまとたけ わかれひめお おもひつつ』ホ39
『さねさねし さかむのおのに もゆるひの ほなかにたちて とひきみはも』ホ39
『ときおくつるき まつのねに おきわすれか なからえり かれにあけうた』ホ40
『むかしくまそか そむきも またあけまきに むけえたり』ホ40
『まてにはへりて たすけに ほつまおうたす ひとなきお』ホ40
『あいちたの おとめかとこに わかおき いせのつるきの たちわかるやわ』ホ40
『おこそかに ことひきはらの みささきに おちおはよつ』ホ40
『こうすかむけ くにめくり なさんといせに みゆきなり』ホ40
『かもとなつけ ことのはお ついてにかやふ そのかたち』ミ10
『そのときひるこ またとけす むかしふたかみ うみませミ10
『おほふうれしさ またあらし たかえあわせ ゑみすかほ』ミ逸
『へのつるの すすにうるほす をうなむち みやもふくしも つくみのはな』フへつる
『すのちりの すられのみつの ことふきに なておさまり すちりかみなり』フすちり

【し】「しむ」の短縮。 使役の助動詞「す」の命令形「せ」の変態。

『おけはいかりて ひたしせす うちにつくれは とよひめに ひたしまつらホ7

【じ】否定の推量/意志の助動詞。〜しないだろう。〜すまい・させまい。〜するべからず。=まじ

『いそのはの まさこはよみて つくるとも ほつまのみちは いくよつきせホ序
『かせはけしくて なみたつお うちかえさと まわりうたよむ』ホ1
『わかひめの うたもみやひお かえさと もふせはきみの みことのり』ホ1
『ふたかみおそれ わかみやに むへそたてと あめにあけ』ホ4
『おととのくるは さはあら くにうはふらん』ホ7
『このところ ほかえはゆか そむかと いえはたすけて たちかえり』ホ10
『いまわれさらは たれかまた あえてなれなん ものあらホ10
『あまてるかみも わすれと いとふそよすち よりあはせ』ホ16
『つねにまもりて とりおかふ たみのからかれ あらなと』ホ21
『きるへきとかは きりつくす おもいのこらホ23
『みのほとも わすれてついに つるきうく うけさせとて みのかきよ』ホ23
『おきつとり かもつくしまに わかいねし いもはわすら よのことことも』ホ26
『ときにあまきみ われおもふ そみすすをいて たねあらホ27
『すそのやつうみ みつうまり やくれとなかは かわらと みつくりのうた』ホ32
『いゆきたかひて うかかわく しらとみまき いりひこあわや』ホ33
『たまもしつ いつもまつらは まくさまホ34
『しかのちは ひるおかみぬり さかいきに あたらものと かたりたまひき』ホ39
『めはたをはらに あたらと すつおかなさき おもえらく』ミ1
『たらちねかみわ おそれまし あわのみやにわ そたてと』ミ逸
『おほふうれしさ またあら たかえあわせし ゑみすかほ』ミ逸
『もやまとの みちはつきせ ありそうみの はまのまさこは よみつくすとも』フもやま
『をのはらは みちもつるきも かけさと もとめさいわう をはらさかみ』フをはら

【為・仕】「す(為)」の名詞化。〜をすること。〜に仕えること。〜を担うこと。

『そさのをしわさ あちきなく なしろしきまき あおはなち』ホ7
『やほさみと うよかたかはし むらいくひ うまささつくり みわかみに』ホ33

【為・仕・師】同上。 〜をする器具/者。〜に仕える者。〜を担う者。

『かわかりきさりもち にわとりはきし すすめいゐ はとはものまさ』ホ10
『しゐのねは むらとこころは ふくしゆふ よくらよこしや』ホ17
『やほうよか たかはしいくひ みきつくり みわおおかみに たてまつる』ホ33
『このときに しとりへたてへ おほあなし ゆみやはつかし たまへかみ』ホ37
『たちはなひめと ほつみてし さくらねましお さきにやり』ホ39
『ここにひるこは ゐものしに かなあやゐさせ あまねくに』ミ10

【為・知・領・司・士】同上。 束ねる者。統べる者。治める者。 =うし(大人)ぬし(主)

おとうかしきて しきたける かたきあかしも みなこはむ』ホ29
『おとうけし たけたあかたし くろはやは しきのあかたしホ30

【使・如】匹敵する者。代理者。使い。 =しか(如・使)

『かしはてによる うさこひめ たねこかつまと ちちにとひ つくしのをしと』ホ29

【垂・萎・衰・下・沈・死・賤・霜】負の方向に離れるさま。しもつき(霜月)

しのたまやまに したたりか なかれうみなる』ホ18
にぬうは もまわりそなう をんまつり さゆりのゑなの かみそうみける』フしぬう
しのゆんは あらやうふやの おそわれも ひきめかふらの しゆんなすなり』フしゆん
しのゐさは つまのもかりお みくまのの かみのゐさめの あしそひきける』フしゐさ

【枝・支】同上。 分れ。散り。派生。分割したものの一。

『いまわかみ いきすひととき よそほと たらぬやまふの かなしさや』ホ16

【州・支・枝・方・時】同上。 方。区分。区画。 =しま(州)しめ(締)しゐ(州)す(州)

『きのとこたちや そのみこは あめかかみかみ つくしたす』ホ2
いましもちひて しらせとて ととほこたまふ』
ホ2
いつしかひめも はらむよし あめにつくれは みことのり』ホ16
『ひとつらぬきの たつなひく あるしのままと なるものそ』ホ191

【繁・聳・茂・優・幸・茅・葦】正の方向に離れるさま。

『うつみやは おおつしのみや いまつくり これたまわりて うつります』ホ25
しのはらは ははとはらめる やのつほね うちめはなかの くらいなり』ホ27
しのはらは かみのふしみの たまくしお あみのめくみの みやこたつなり』フしはら
しのきにの とほこにみつの あらそひも あにかおろかに きもやつむらん』フしきに
しのちりの そしりもうそと おもひくさ ものぬしならて ものやちるらん』フしちり
のむくは かめもひつきも ちよにめの かかやくはなの ころやむくらん』フしむく
のねせは むしはむははか はやかれか みつやうらみて しねせあむらん』フしねせ
しのそのは つきのこまひく まめやかも ゐもかめくみの かてやあつらん』フしその
のつるは つかえつくして ついたちの つきみつころの ふゆにあうなり』フしつる

【精】同上。ししなみ(精波)の略。

『ひるはにうえに ひたのほり よるはうえに みきくたり』ホ16

【霊・精・血・乳】同上。物質に宿っている状態のエネルギー。=ち(霊)

『めはあにむかひ ましわりの かねのにしなき とわたなす』ホ16

【父】同上。 陽。 =しし

のおれは めくみあらわし かのおれは めかおつくして あのくたらなり』フしおれ

【風】同上。煽るもの。栄すもの。「しぬ(繁ぬ)」から。

『はつきはしめは ふためさく あらしくさふす』ミ9
『ねのつきつゆも しもはしら こからしふけは きはみおち』ミ9

【直・清・信・近・親】添う(沿う)さま。直ぐなさま。
 ● 反り・曲りなきさま。素直。一途。信じて疑わないさま。信仰。

のやまは たおうけもちの やつみみも かせうほつみも ちからもるなり』フしやま
しのこけの はとのまはけて のとやとつ ゆひねつのふむ あみりたおしれ』フしこけ

 ●(曲・穢を)直すさま。 直ぐにするさま。直し。 

『しのゆんは あらやうふやの おそわれも ひきめかふらの しゆんなすなり』フしゆん

 ● 親密。縁。親族。

おえては をきなかあみに けゐのかみ あにしらひけも ちゑてやわなり』フしえて
しのよろの もすみはそろの ひとめくり まなそろあみて よろのかんくら』フしよろ

【直・清・濯】同上。直ぐなさま。曲り濁りの無いさま。純粋。 しむ(澄む)より。

『すかははきかね ししろかね うひにあかかね はくろかね』ホ15
『みつうくうつほ ほなるうお しはうろこよし ほはくさし』ホ15
『みつはめのかみ あらはれは ゐてのしみつお いさきよく』ホ22

  

11/03/30

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】