しい  シイ  sii
しゐ  
シヰ  siwi

  

【魄・(垂・下・末)】
負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」さま
 ●<陽霊の「」に対して> 陰霊の「魄」。 殻(物質・肉体)の源となる陰属性のエネルギー。

『たまのをも とけてむねかみ みなもとへ た ましゐわけて かみとなる』ホ13
『これふんた しゐはふす りも おたけんは つらもかたるも わけらんや』ホ17
『あめよりさつく たまとし ゐ むすふゐのちの たまなかこ』ホ17
『これつみひとの しいととむ ゑやみなすゆえ』ホ33
しゐたらさや わ めはくにの つきとみやひお あみやわせ ゐみちあらはす』ミ10

 ●身。肉体。殻。(上との違いに注意)

『くまのかみ しこめかし ゐお からすかみホ6
『つちかせの ちまたにしゐの くるしみか けものとなるそ かみうた す』ホ13
しゐのねは  むらとこころは ふくしゆふ よくらよこしや』ホ17
『あちもいろめも よこしまに しゐにあやかり みおからす』ホ17

 
しふ・しゆ(垂ふ・下ふ)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・低・端・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。こ れは陽陰の精製過程で重く沈んで水と埴に凝った「陰」の属性を表す。

変態:「しる(汁)」「しも (下)」「しり(尻)」「す ゑ(末)
類語:「から(殻・体)」「はに (埴)」「はこ(魄)
反対語:「たま(魂)

 
 

【州】
他と区別される一まとまり。 区分・区画・部位・cell。

き しゐのいなた ほをむしに いたむおなけき』ホ1

 
しふ(締ふ/散ふ)・しゆ(締ゆ/散ゆ)」の名詞化。
ここでは「A: 合う/合わす・締める・囲む」、裏を返して「B: 離れる/離す・分ける・限る」などの意。

変態:「しふ(州)」「し ほ(州)」「しめ(占め・締め・閉め)」「しま (島・州)」「すみ(隅・州)

 
 

【(繁・聳・多)・椎】
正の方向に離れるさま。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」さま

『すけもとめ うちめいそより し いおりの なかにいそより しるひとそ』ホ27

 
しふ(繁ふ・騒ふ・聳ふ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。

変態:「さわ(多)」「そひ(岨)」

 
 

【(垂)】
下げ。下に降ろすもの。水 棹

し いさほのすえ もたしめて ふねにひきいれ なおたまふ し いねつひこの』ホ29

 
しふ(垂ふ・下ふ)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・低・端・後・粗・暗・静)に離す」で、「下げる・降ろす」などの意。

変態:「さほ(竿・棹)

  

10/01/08

  

 基本理論はこちら

【ホ ツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホ ツマツタエのおもしろ記事】